エンタメ

嵐「2020年で活動休止」ついに発表、SMAP解散の二の舞避けた判断

【この記事のキーワード】
嵐「2020年で活動休止」ついに発表、SMAP二の舞を避けた判断かの画像1

Johnny’s net公式サイトトップページより

 ジャニーズを代表する国民的アイドルグループ嵐が2020年12月31日をもって活動休止すると電撃発表した。情報が解禁されたのは1月27日午後5時。かねてより「解散説」がくすぶっていたが、ついに発表された形だ。

 この活動休止が浮上したのは、2017年6月中旬のことだったという。言い出したのはリーダーの大野智であり、「2020年をもって自分の嵐としての活動は終えたい」と4人に告げたそうだ。活動20周年という区切りで、実質的な解散ということになる。

 発表コメントの中で大野智は「一度何事にも縛られず、自由な生活がしてみたい」とメンバーたちに告げたことを明かしている。相葉雅紀は「5人で嵐だという気持ちが強いため、1人でも2人でも欠けてしまっては嵐と名乗ってグループ活動をするのは難しいと思いました」「決して仲が悪くなったわけではありません」。二宮和也は「最初に話を聞いた時は驚きました。想像もしていなかったので」と振り返る。

 嵐は4月から12月まで、史上最大規模の全国ドームツアーを開催。全てのファンに来てもらいたいと意気込んでいた。このツアーこそ、ファンへの最後のプレゼントという意味合いだったのかもしれない。このタイミングでの休止発表となった理由を、松本潤は「応援してくれているファンの皆さん、一緒に仕事をさせていただいている関係者の皆さんに 僕たちの決断を理解してもらうには時間がかかることだと思い」と説明している。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。