エンタメ

嵐の活動休止で次期ジャニーズを背負うグループは「キンプリ」か「Hey! Say! JUMP」か

【この記事のキーワード】

嵐公式サイトより

 今月27日、2020年いっぱいで活動を休止すると発表した嵐。ジャニーズ事務所の屋台骨である嵐の活動休止により、“世代交代”は必須となる。その日までまだ2年の猶予があるが、ネット上では次期ジャニーズを引っ張るグループについての論争が早くも巻き起こっている。

 2016年にSMAPが解散して以降、実質的にジャニーズ事務所のトップとなったのは嵐だった。SMAP解散時も一部の嵐ファンが「嵐の時代が来た」と発言し物議を醸していたが、それと同じことが現在起こっており、一部のKing & Prince(以下、キンプリ)ファンやHey! Say! JUMP(以下、平成ジャンプ)ファンが、ついに自身の応援するグループの時代がきたと意気込んでいる。

嵐の正式な後継者はキンプリなのか?

 まずやる気を見せているのは、キンプリのファンだ。キンプリは昨年のデビュー以降、嵐の冠番組に多数出演。番組内ではキンプリメンバーの自己紹介をするなど、視聴者にキンプリを売り込む企画も多く、ジャニーズ事務所が意図的に嵐の後継者として、キンプリを推しているという見方は強い。実際にその効果はあったようで、嵐ファンのなかのはキンプリに担当を変える“担降り”するファンもいたようだ。

 また嵐は、映画やドラマ、バラエティ、キャスターに至るまで、5人それぞれのソロ活動も充実している。そのため、グループ内の格差もほぼなく、グループには珍しくセンターというものを設けていない。一方、キンプリの平野紫耀は以前ファッション誌のインタビューで、キンプリの将来のイメージとして「歌も踊りもバラエティも芝居も、いろんなことが出来て長きにわたって愛されるグループ」と語っていた。また、その他のメンバーも多数のメディアで「全員がセンターになれるグループが理想」と語っており、目指す方向性も嵐に近い。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。