エンタメ

TOKIO長瀬智也にも脱退、退所説が浮上 ジャニーズ事務所は引き止めることが出来るか

【この記事のキーワード】
TOKIO長瀬智也にも脱退、退所説が浮上 ジャニーズ事務所は引き止めることが出来るかの画像1

長瀬智也

 嵐が2020年末をもってグループとしての活動を休止し、大野智は芸能活動自体も休止する。嵐が国民的アイドルグループであることは、そのツーア動員数からも明らかで、彼らが桁違いの経済効果を持つことは確かだ。解散したSMAPもそうだったが、はっきり言ってただのアイドルではない。そのためこの事実はニュース番組でも大きく取り上げられた。

 さらに一部では、NEWS手越祐也の活動休止や、中居正広と木村拓哉のジャニーズ退所も噂されてきたが、加えて現在、TOKIO長瀬智也が退所を希望しているという話まで出ており、ジャニーズ事務所は事件の相次いだ昨年以上に大変そうなのである。

 まず、嵐の活動休止は伏線があった。嵐は「全てのファンがコンサートに来られるように」、今年一年をかけて日本最大規模のドームツアーを敢行する。ファンへの20年の感謝を伝えるコンサートツアーだ。だが、筆者の友人で嵐が結成して以来のファンだという大野智担当の女性は、「これでにわかファンも増えて、コンサートチケットは今後ますます当たる気がしない。いまは活動休止よりもそれが悲しい。休止までに彼らをステージで見たいという願いはかなわないかも」と悲壮感を漂わせていた。社会人として立派に働く大人だが、今回の報道で仕事が手につかないそうである。たしかにそうだろう。ただでさえチケットが取れない嵐のコンサートである。ここで「休止前に一回見ておこうかな」ぐらいの軽いノリの人たちもコンサートチケット争奪戦に参戦したりしたら……たしかに大変な騒ぎとなりそうだ。友人の胸中は察するに余りある。

 ちなみに嵐好きは娘にも伝染したようで、友人はいまや母子揃っての立派な嵐ファン。かつては母子で嵐のコンサートに行くことを楽しみにしていた友人なのだが、とくにここ数年はファンクラブに入っていてもいっこうにチケットが当たらないと嘆いていた。2014年に開催されたハワイでのコンサートなど、「絶対に当たるから!」と信じて鼻息荒く先にハワイに行くツアーを抑えていた友人。だが、願いむなしく結果はハズレ。「しょうがないから観光してくるわ」ととりあえずハワイには向かったのだが、いまから楽園に行くというのに、うかない顔でハワイへと旅立つ親子の姿はどこか物悲しいものがあった。ファンクラブ会員数は活動休止発表後、さらに増加しそうだとみられており、友人の悲壮感もわかる。

1 2 3 4

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。