TOKIO長瀬智也にも脱退、退所説が浮上 ジャニーズ事務所は引き止めることが出来るか

【この記事のキーワード】

 老若男女、幅広い世代に大きなショックを与えた今回の嵐の活動休止宣言。それでもファンたちは、この活動休止を「大野くんの夏休み」だと受け止めようとしているようだ。その想いはなんとも切なく、同時に嵐ファンの暖かさも感じられる。これまで一生懸命に嵐を応援してきたファンの人の心情を思うと筆者も胸が痛いが、いまは1月28日に櫻井翔がキャスターを務める『news zero』(日本テレビ系)で語った「復活はあります。いつかまた5人で揃ってパフォーマンスするということを頭の片隅に起きながらそれぞれが活動していくと思います」との言葉を信じるしかない。大野の夏休みが終わる日を待っていたいと思う。

 嵐が活動休止を宣言してからというものの、どのメディアも嵐一色である。「メンバーに結婚願望があるのではないか」と報道しているのは「週刊新潮」(新潮社)だ。記事内ではあるスポーツ記者が「公式発表前に活動休止の話をキャッチしていましたが、最初に考えたのは二宮(和也)の結婚のことでした。伊藤綾子アナとの交際が報じられていますが、二宮本人は『結婚したい』と周囲に明かしています」と話し、また民放幹部の「松本(潤)と井上真央がどうなったかは、いまいち見えてきませんが、桜井(翔)とテレビ朝日の小川彩佳アナの例もありますからね。ここ1年間ほどはメンバー全員が結婚願望を口にしています」のコメントも掲載されている。

 彼らの年齢は上から大野智(38)、櫻井翔(37)、相葉雅紀(36)、二宮和也(35)、松本潤(35)。10代でデビューした嵐のメンバーは20年を経て全員アラフォーとなった。結婚観は人それぞれと言えど、嵐の中に結婚を切望するメンバーがいてもおかしくはない。だいたい「アイドルだから」の理由だけで事務所が結婚を食い止めてきたこと自体、不自然な話なのだから。

 今回の活動休止は大野の「芸能活動を休止したい」との理由が主ではあったが、当然「週刊新潮」が報じるように休止中にメンバーが結婚するということもない話ではないだろう。とはいえ、休止宣言で悲嘆にくれるファンにとって、いまメンバーの結婚話を持ち出すのはなんともコクな話ではあるが。

 さて、冒頭にも記したが、嵐の活動休止が公表されるより前の段階では、飲酒と女性関係で問題を抱えがちな手越祐也、SMAP解散以降も事務所に残ったものの共演のない中居正広と木村拓哉らが、活動休止やジャニーズ事務所からの退所となるのではないか、との報道も盛り上がっていた。その一つに、TOKIO長瀬智也の退所希望説もあった。

1 2 3 4

「TOKIO長瀬智也にも脱退、退所説が浮上 ジャニーズ事務所は引き止めることが出来るか」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。