エンタメ

NGT48山口真帆のツイッターアカウントが動いた! 事件を有耶無耶にしようとする運営への抗議か?

【この記事のキーワード】
NGT48山口真帆のツイッターアカウントが動いた! 事件を有耶無耶にしようとする運営への抗議か?の画像1

山口真帆公式Twitterより

 1月8日深夜に動画配信サイト・SHOWROOMを通じて行われた山口真帆の告発により発覚したNGT48の問題。

 アイドルグループのメンバー(山口真帆)がファンから暴行を受けたのにも関わらず、NGT48の運営は対応を1カ月にもわたって放置し続け、それが表沙汰になるや、あろうことか被害者が壇上で謝罪させられた──こういった事件の本質はいつしか忘れ去られつつある。

 テレビのワイドショーにせよ、インターネットの匿名掲示板にせよ、「誰がファンとつながっていたのか?」の犯人探しゲームとして消費され、その果てに、現在では問題はなにひとつ明らかにならないまま、風化の一途をたどろうとしている。

 NGT48運営側は事件の真相を有耶無耶にしようとするばかりで、事の次第を明らかにしようとはしない。第三者委員会を設けて事実確認を行い、調査結果を開示する意向を示してはいるが、これまでの運営側の姿勢により信頼性は大きく損なわれた。

 1月25日にはNGT48劇場も通常の公演を再開させた。その公演では、現在の運営責任者である早川麻依子支配人が壇上に上がってファンの前で謝罪を行い、事実確認を進めている旨を語ったが、本当にファンの前に立って説明を行うべき今村悦朗前NGT48劇場支配人(現在はAKS本社取締役室に異動)は姿を現すことはなかった。責任を取るべき人物は雲隠れで、真実は藪の中に放り込まれたまま。こんな状況でしかるべき再発防止策が練られているのだろうか。

 現在はNGT48研究生による公演が行われているが、NGT48運営側からはこんな状況にも関わらず2月中を目処に通常の公演を再開させるとの意向も語られた。最低でも第三者委員会の調査結果が明らかになるまでは活動をストップさせるのが当然の対応と思えるが、こういった面からも、まともに問題と向き合う気のないNGT48運営の姿勢が透けて見える。

 メディアによる追及があればこういった対応は許されるはずもないが、この話題は完全に飽きられ、まともに取り上げられることもなくなってきた。このままでは、何事もなかったかのようにされてしまうのも時間の問題だろう。

山口真帆が「いいね」欄を通じてメッセージを発信し始めた

 そんななか、山口真帆のツイッターアカウントが動き出している。

 彼女自身のつぶやきは1月8日を最後に途絶えているが、25日から一般ユーザーのつぶやきに「いいね」をし始めているのだ。

 この間彼女は30件ほどのつぶやきに「いいね」を押しているが、セレクトされたそれらのつぶやきを見ると、彼女が本当に訴えようとしていることが見えてくる。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。