社会

すき家店員の不適切動画、インスタストーリーでもあっという間に拡散・処分へ

【この記事のキーワード】

写真:Rodrigo Reyes Marin/アフロ

 牛丼チェーン店「すき家」の店員が今月21日、Instagramのストーリーに投稿した動画が、Twitterに転載され拡散、炎上した。

 動画では、2人の店員が「すき家」店舗内で、ふざけて氷を床に投げつけたり、調理器具を股間にあてがう姿が映っており、「やばいやばいやばい」「これ絶対クビ」といった声も聞き取れる。「くびかくご」との文字も躍った。

 「すき家」を運営する株式会社ゼンショーホールディングスは29日、「すき家」公式サイトで謝罪。当該の行為があった店舗、従業員は既に特定済みで、関与した従業員は社内規定より処分されるという。

 いかにも不適切な内容の動画をわざわざ撮影・投稿するに至った店員らの真意は不明だ。「これ絶対クビ」という言葉、「くびかくご」というテロップからは、この行為が発覚すれば批判は免れず、処分の対象になり得ることを、本人たちも十分理解していたように見えるが、スリルを味わいたかったのだろうか。

 投稿後24時間が経過すると自動的に消えるシステムになっているInstagramのストーリーだが、今回の迷惑動画が拡散した経緯からもわかるように、ストーリーに投稿された動画を誰かが保存しTwitterやYouTubeに転載することは可能だ。面白半分で投稿した動画を、さらに面白半分で誰かが拡散していけばあっという間に炎上する。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。