二宮和也の長期雑誌連載が終了。「仕事以外の“初めて”」に意欲

【この記事のキーワード】

 今回の活動休止に関しても、二宮が結婚させてほしいと事務所に願い出ており、認められなければ事務所を退所も辞さない覚悟をもつようになっていた(「女性セブン」2019年2月14日号/小学館)と報じられたり、また、活動休止が決まってからも結婚に関して<もう待てない>と話してメンバーの仲が険悪になった(「週刊文春」2019年2月7日号/文藝春秋)などとも報じられている。

 実際、「MORE」のインタビューでも、「平成の次の時代でするであろう『初めての経験』」について聞かれた二宮は、<そうだね、あるのかな……。でも、ないとつまらないよね。なんだろう、世界一周クルージングとか?(笑)。仕事以外での“初めて”しか思いつかない(笑)>と答えており、<仕事以外での“初めて”>の例として<世界一周クルージング>より挙げたいものはあったのではないかと邪推せずにはいられない。

 今後も、活動休止や結婚については喧々諤々の状況が続くだろう。彼らが事務所の非人道的な拘束に縛られず、自分自身の人生を生きる結果に落ち着くことを願う。

1 2

「二宮和也の長期雑誌連載が終了。「仕事以外の“初めて”」に意欲」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。