エンタメ

田中みな実「いじめっ子みたいな発想やめて」本質を突く友達論に共感

【この記事のキーワード】
田中みな実「いじめっ子みたいな発想やめて」本質を突く友達論に共感の画像1

株式会社TakeOFF・田中みな実プロフィール サイトより。

 1月24日放送の『ひるキュン!』(TOKYO MX)で、MCの田中みな実がアシスタントの徳光正行に「何人いれば友達多いの? いじめっ子みたいな発想やめてくださいね」と苦言を呈する一幕があった。

 この日のゲストは、田中みな実と親交のある南明奈。昨年よゐこの濱口優と結婚したばかりの南は、ひとりで行動するのが好きで、映画やカラオケ、ライブ、ディズニーランドなどもひとりで出かけるという。

「どこいくにもひとりが多いし、『寂しいね』って言われるんですけど、寂しくないですね。ひとりが楽しい。一人っ子いうのもあると思うんですけど、楽しいんですよね」
「友達は少ないですけど、でもひとりのほうが……なんだかんだ仲の良い友達でも、『気を遣わないで』って言われても気を使っちゃうんですよね、どんなに仲が良い子でも。だからひとりのほうが楽だなって」

 そう語る南だが田中とは仲が良いようで、一緒に東京ディズニーランドや食事に出かけたこともあるそうだ。

 話を聞いていた徳光が「お互いに友達がいない同士で孤独を……」と結論付けようとしたところ、田中はネガティブなまとめ方に納得がいかなかったようだ。

 「何? 友達が多けりゃいいんですか? 何人いれば友達多いの? いじめっ子みたいな発想やめてくださいね。お金でつながってる友達が欲しいわけじゃないから、私たちは」と反論したのであった。

 14日放送の同番組でも、田中は同窓会に「行きたくない」と話し、「好奇の目に晒される」「こういう仕事しているし、キャラクターもややこしい」と、同窓会に参加したくない理由を説明していた。同窓会に行った田中の友達は「田中みな実と仲いいんだよね? あの子今どんな感じなの?」と聞かれていたそうで、そうした付き合いは「あんまりプラスじゃないですよね」とも。

 行かずにいたら最近は同窓会の案内状も届かなくなり、かつて所属していたTBSのアナウンサーの集まりにも呼ばれなくなったという。田中は共演者らにFacebookを勧められるも「やらないですね。人との関わりがちょっともう……。誰ともつながりたくない」と返答していた。

 昨年12月14日放送の『ダウンタウンなう』(フジテレビ系)に出演した際にも田中は、女子校に通っていた中高時代、一緒にトイレに行く、机を並べて一緒に昼食を食べるといった習慣が嫌で、「部活の昼練習」ということにして、体育館の裏でひとりで昼食を取っていたと明かし、「群れなくても全然生きていけるし、その人たちと同調したところで進路がよくなるわけでもないし」と主張していた。

 一連の田中みな実の発言を「闇キャラ」と受け取る人もいただろう。しかし彼女の論調に共感する視聴者は実は多いのではないだろうか。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。