NGT48ファンが「山口真帆叩き」に転じる動き 握手会再開で事件風化か

【この記事のキーワード】

 もちろん、こういった発言をするファンに対して苦言を呈するファンも大勢いる。むしろ、上記のような意見を述べているファンは少数派ではあるが、NGT48暴行事件に起因する一連の騒動が一切進展しないまま長期化し、どんどん風化していっている以上、こういった動きが起きるのは必然とも言える。そして、真相究明を先延ばしにし続けてきたAKSおよびNGT48運営にとっては、待ち望んでいた展開だろう。

 山口真帆のツイッターアカウントは「いいね」で意見を表明しているようだ。一般ユーザーによる<この流れだとアレだろ。公演再開の話をまほほんたちに一切してないか反対したのを押し切ったんだろ。被害者「連中」の感情なんかどうでもいいっていうお得意のAKSクオリティだろ><あるいは(こういうことはあってほしくないけど)メンバーの誰かが「もー、いつまで『その』話をしてるのよ!公演したいのよ!!」って言いだしたか>というツイートが「いいね」されている。

 彼女がこういった一連のツイートに「いいね」しているということは、何事もなかったかのように日常のルーティーンに戻ろうとするAKSおよびNGT48運営や、それによって引き起こされる「あの騒動まだ揉めてるのか。いい加減にしろよ」というバックラッシュに対して、怒りと危惧をもっていることの証左であろう。

 この騒動の本質は「タレントの安全管理」という、命に関わる重要な問題であり、絶対に有耶無耶にしてはならない。山口を叩くファンは、推しのアイドルをリスクにさらす運営の振る舞いを許していいのだろうか。

1 2

「NGT48ファンが「山口真帆叩き」に転じる動き 握手会再開で事件風化か」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。