エンタメ

キンコン梶原「カジサック」でわざと炎上ビジネス? ドッキリ、いじめ、「公衆トイレ」呼ばわりで炎上三連発

【この記事のキーワード】
キンコン梶原「カジサック」でわざと炎上ビジネス? ドッキリ、いじめ、「公衆トイレ」呼ばわりで炎上三連発の画像1

カジサック公式YouTubeチャンネルより

 YouTuber「カジサック」として活動するキングコング・梶原雄太が炎上続きだ。2019年に入ってから約一カ月、カジサックの言動は何件もの炎上につながっている。

 直近では4日、カジサックがアップした動画では、スニーカー大好き芸人のヤスタケの実家を訪れて、激レアというスニーカーコレクション100足を、すべてチョコレート菓子に置き換えるという「ドッキリ」が繰り広げられた。

 帰宅したヤスタケは、きっちりと整理整頓していたスニーカーが消えていることに気がつくと、愕然とする。「何、どういうこと!?」「ふざけんなよ~」とショックを隠しきれず、カジサックがドッキリを明かしても「めっちゃ怖かった」「笑えないっすよ全然!」と激怒していた。

 このドッキリに不快感を抱いた視聴者も多く、「全然笑えないし、大切にしているものをぞんざいに扱われてヤスタケがかわいそう」「プレミアスニーカーは傷やシワひとつで価値が下がります。それをゴミ袋にぎゅうぎゅうにするのはどうかと」「コレクター目線でいうと、箱に入れて保管してるのを勝手に外に出されたら怒るのは当然」と、カジサックを批判するコメントが続出。動画には1.3万件もの低評価がつき、炎上した。

 批判を受けて、カジサックは「申し訳ございませんでした」と謝罪。「この動画を消す事を考えましたが、ヤスタケが消さないで下さい!との事だったのでとりあえず残します、が、これ以上不満のお声が増えるようであれば、削除します」と釈明している。なおその後、カジサックとヤスタケは生配信を行い、騒動を改めて謝罪した。

 ヤスタケはカジサックの活動にカメラマンとして参加する仲であり、ドッキリ後も和解しているとはいえ、親しき仲にも礼儀ありということだろう。しかし、視聴者を不快にさせるような“悪ノリ”動画をおもしろがって投稿するあたり、意図的な炎上ネタ投下を思わせる。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。