キンコン梶原「カジサック」でわざと炎上ビジネス? ドッキリ、いじめ、「公衆トイレ」呼ばわりで炎上三連発

【この記事のキーワード】

炎上はカジサックの十八番になりつつある

 芸人生命のかかった勝負の一年を迎え、カジサックはこのところ、方々に火を点けて回っている。

 2月2日に行われた「ホリエモン万博2019」でも、カジサックはトラブルを起こしていた。同イベントの「チャンバラ合戦大運動会」に参加した評論家の宇野常寛氏は、3日にツイッターを更新し、<昨日のイベント、芸人のカジサックが僕と僕のチームに失礼な絡みをして来たのでウンザリして途中で帰った(略)お前には軽蔑しか感じないと告げて出てきた>と報告。

 イベントではチーム対抗の運動競技が行われたが、縄跳びをうまく飛べなかった宇野氏は、カジサックから執拗な「イジリ」を受け、不快感から途中で退場したという。宇野氏は、カジサックに対して次のような指摘を連投している。

<「お前みたいな自分より弱いヤツをみつけた途端にマウントしたがる奴は大嫌いだ」と告げた>
<僕は冒頭から繰り返し梶原の「イジリ」的な言動が嫌だと指摘したこと、そしてこういう言動がこの国のイジメ文化の温床なのだと告げた。梶原は慌てて形式的に謝罪したが、すぐに「みんなが面白くなるために(宇野にイジリを)した」と開き直った。もうこれは直らない。帰るしかないなと思った>
<端的にせっかくテレビ的から離脱してネットにステージを移したはずなのに、やってることがテレビ的なイジメ芸の縮小再生産で、本当につまんないやつだなと思いました。彼には注目してたんですが、がっかりです>

 どうやら、カジサックが宇野氏に芸人ノリを強要して独善的にふるまったことが原因のようである。宇野氏の告発をきっかけに、Twitterユーザーの間でも、カジサックが「場の空気」を優先して人を貶すという「イジメ」の構図を踏襲した行為をしたことへの批判が広がっている。

1 2 3

あなたにオススメ

「キンコン梶原「カジサック」でわざと炎上ビジネス? ドッキリ、いじめ、「公衆トイレ」呼ばわりで炎上三連発」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。