キンコン梶原「カジサック」でわざと炎上ビジネス? ドッキリ、いじめ、「公衆トイレ」呼ばわりで炎上三連発

【この記事のキーワード】

 カジサックは、YouTuberファンとTwitterユーザーの両方から不興を買うことになってしまったが、キングコング梶原として出演したテレビ番組でも大炎上を起こしており、悪い意味で大活躍中だ。

 それは1月18日放送の『快傑えみちゃんねる』(関西テレビ)でのこと。梶原は芸人のサンシャイン池崎が両親のために500万円で建てた一戸建てを、「公衆トイレじゃないですか?」とバカにした。これに視聴者からは「池崎が一生懸命稼いで親孝行したのにひどすぎる」「全然面白くない、ジョークとしても笑えない」と批判が殺到したのだ。

 梶原はこの件について、Twitterで自分の意見を述べた。

 <サンシャイン池崎君の件。嫌な思いをさせてしまった池崎君のご両親、視聴者さんに謝罪します。申し訳ございません。僕は芸人として番組に出ています。僕達の答え合わせは、番組でOAされるか、カットされるかの二択。でも、答えが合っててもこのような騒ぎになると、学ばせてもらいました。とはいえ、僕は番組に使ってもらっている側。番組の力になりたいと思う気持ちは変わりません。使ってもらっているうちは、答え合わせは続きます。改めて、池崎君のご両親、視聴者さん、申し訳ございませんでした>

 オンエアされた以上、自分の発言は笑いとして間違っていなかったという主張で、これまた賛否両論だ。

 至るところで炎上を巻き起こしている梶原。昨年10月にカジサックとしてYouTuberデビューし、2019年末までにチャンネル登録者数が100万人に満たなかった場合は「芸人を引退する」と宣言している。現時点(2月上旬)では、登録者数は約74万5千人。炎上によってYouTubeチャンネルを話題にし、一気に100万人を達成しようという目論みなのだろうか。

1 2 3

あなたにオススメ

「キンコン梶原「カジサック」でわざと炎上ビジネス? ドッキリ、いじめ、「公衆トイレ」呼ばわりで炎上三連発」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。