社会

くら寿司バイトの不適切動画で炎上、すき家と全く同じ

【この記事のキーワード】

無添くら寿司 公式webページより

 飲食チェーン店での従業員によるトラブルが相次いでいる。回転寿司チェーン「無添くら寿司」を展開する株式会社くらコーポレーションは今月6日、大阪府守口市の「無添くら寿司守口店」でアルバイト従業員による不適切な行為があったことがインターネット上の動画から判明したとして、公式サイト上で謝罪した。

 謝罪文には、<この動画により、お客様に大変不快で不安な思いをさせてしまいました事を深くお詫び申しあげます><類似の事故がチェーン店では多発しており、当社も日頃からその対応を懸命に行っておりましたが、力およばず同種の事件が起きてしまいました。本当に申し訳ございません>とある。

 発端となった動画には、「無添くら寿司」の従業員と思われる人物が、まな板の上でカットした生魚を「これはもう捨てます」と言いながらごみ箱に入れ、再びまな板に戻している様子が映っていた。撮影者と思われる人物の笑い声も聞き取れ、<きちがいではないって。>というテロップも入っている。Instagramのストーリーに投稿されていたこの動画が、撮影され、Twitterに転載され、拡散に至ったと見られる。先月21日に拡散した、「すき家」アルバイト従業員による不適切動画と同様のケースだ。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。