アメリカはゲイを大統領に選べるか?~同性婚者「ピート市長」の立候補

【この記事のキーワード】

アメリカはゲイを大統領に選べるか?~同性婚者「ピート市長」の立候補の画像3

■コーリー・ブッカー(民主党)
現職:上院議員(ニュージャージー州)
前職:ニューアーク市長(ニュージャージー州)
人種民族:アフリカン・アメリカン
性別:男性
年齢:49歳
最終学歴:イエール・ロースクール
宗教:キリスト教徒
公式サイト:https://corybooker.com/

 両親は共にIBMの上級社員。当時のアフリカン・アメリカンとしては非常に恵まれた生活環境にあり、私学の名門スタンフォード大学で政治学を専攻。ローズ奨学金によって英国オックスフォード大学院に留学した後、ハーヴァード・ロースクールで法学を修める。知性派であると同時に高校時代から優れたアメフト選手でもあり、現在もエクササイズと健康ダイエットに励む。

 2002年、貧困と犯罪が蔓延するニュージャージー州ニューアークの市長に立候補。貧困地区に移り住み、体当たりで選挙活動を行うも、現役の黒人市長に「(裕福な家庭の出身で)十分に黒人ではない」と一蹴され、敗北。この時の選挙活動はドキュメンタリー映画『ストリート・ファイト』となり、アカデミー賞ノミネート。2006年の市長選に再出馬して当選。2013年より上院議員。

 アメリカでは毎年2月は「黒人史月間」。その初日、2月1日にブッカーは大統領選出馬を公式表明。出馬表明ビデオ『We Will Rise(我々は立ち上がる)』は、黒人性を前面に押し出し、父親の言葉「恵まれた立場にある自分の背後にどれだけの犠牲があるか」をフィーチャー。かつ「We」――人種も地域も問わず、アメリカに暮らすすべての人々を包括する内容になっている。

出馬表明ビデオ『We Will Rise』

1 2 3

「アメリカはゲイを大統領に選べるか?~同性婚者「ピート市長」の立候補」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。