globe KEIKOが「筋トレ」「カラオケ」「ダンス」で本格的な回復? 小室哲哉は沈黙保つ

【この記事のキーワード】

 小室の会見と親族の証言は正反対であり、「小室が同情を得るために嘘をついた」などの声もネット上には溢れた。そしてヒールの高い靴を履いて歩くことができ、美容やファッションに気を遣い、カラオケで歌い、一人で買い物をし、ジムで体を鍛え、ダンスも踊っているというKEIKOの姿は、確かに介護とは無縁に見える。ただ、ひょっとしたら小室自身は嘘をついているつもりはなく、globeとして活躍していたときのKEIKOと現在のKEIKOは彼にとっては別人であり、虚しさを感じていた可能性はある。

 だとしても夫として妻を支えるべきなのかもしれないが、小室自身もC型肝炎や耳鳴りなどを患っており、精神的に不安定になっていたとも考えられる。なお、現在の小室は体調を改善するために静養しているようだ。KEIKOのTwitterにも小室は登場しない。

 小室は会見でKEIKOについて<大人の女性としてのコミュニケーションが日に日にできなくなってきて>とも語ったが、現在、二人がコミュニケーションを取ることはあるのだろうか。「女性セブン」によると、KEIKOと小室は弁護士を通してしか会話をしていないという。

 もちろん彼らがお互いに別々の道を歩みだしたとしても、外野が口を挟むことではないが、globeの活動再開を願うファンにとっては、心苦しいばかりだろう。

1 2

あなたにオススメ

「globe KEIKOが「筋トレ」「カラオケ」「ダンス」で本格的な回復? 小室哲哉は沈黙保つ」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。