新井浩文の性暴行事件で思い出される2016年の高畑裕太事件、高畑淳子は未だ納得せず「歯ブラシはデタラメ」「真実を報じて下さい」

【この記事のキーワード】

 一昨年7月には「事実ではない報道を修正しないことが疑問」だとマスメディアを批判した上で「毎晩心の中でひとり記者会見をしている」と明かしていた。昨年4月にゲスト出演した『梅沢富美男のズバッと聞きます!』(フジテレビ系)で梅沢から裕太の様子を聞かれた折には「息子は何とかしようとしている。私は世の中全部を恨んでいるところもあるけど……」と歯切れが悪く、未だに煮え切らない思いを抱いていることをうかがわせた。しかし、示談が成立している以上、今さら蒸し返すことはできないのだろう。

 芸能活動休止以来、公に姿を見せることはなくなったものの、「自宅に引きこもっている」「遺品整理のバイトをしている」など時折女性週刊誌に近況を伝えられている高畑裕太だが、今年1月、昨年末の『NHK紅白歌合戦』では米津玄師とのパフォーマンスが話題になったダンサーの菅原小春との交際が報じられている。

 1月24日発売の「週刊新潮」(新潮社)で、息子と菅原の交際について記者の直撃を受けた高畑淳子は「さあ、私は知りませんけど? もういい大人ですから、交際は別にいいんじゃないですか。それよりも、あの事件の真実を報じて下さい」と凄んだという。

<それよりも、あの事件の真実を報じて下さい。歯ブラシを口実に女性を部屋に引っ張り込んだなんて、マスコミのデタラメな報道のせいで、私まで“歯ブラシおばさん”と呼ばれるんです>

 あの事件の“真実”とは一体何なのか。高畑としては、息子の性行為は暴力ではなく「合意だった」と認識している可能性もあるが、すでに示談が成立した事件の内情を当事者たちが明かせないとしたら、マスコミもそれ以上報じることは難しいのではないだろうか。

1 2

あなたにオススメ

「新井浩文の性暴行事件で思い出される2016年の高畑裕太事件、高畑淳子は未だ納得せず「歯ブラシはデタラメ」「真実を報じて下さい」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。