連載

少子化、孤独死、セックスレスの原因をすべて女性器に求める“膣系女子”の弊害

【この記事のキーワード】

「膣をケアすることこそ、女性の健康の秘訣!」と風呂敷を壮大に広げていく「膣ケアブームの火付け役となった物件『ちつのトリセツ』のトンデモポイントはこれまでも当連載でご紹介してきましたが、その後勢いを増してきたのが、〈フィトセラピー(植物療法)〉の見地から、膣をケアせよと謳う物件です。

スピリチュアル界の新潮流、「膣系女子」 女の幸せをなぜ膣が決める?

 子宮系女子の流れを汲む気配が濃厚な、新たな婦人科系トンデモ物件。それが、膣系女子。〈膣〉の健康こそが、女の幸せの軸であると謳うおかしな健康法が、最近や…

ウェジー 2019.01.29

 布教者は、『潤うからだ』(ワニブックス)、『枯れないからだ』(河出書房新社)の著者、森田敦子氏。まずはこの2冊で語られている、膣トークを一部ご紹介させていただきましょう。2017年に発売された『潤うからだ』では、冒頭から「ケアをしなければ、膣が乾燥して、硬くなったり、たるんだりと大変なことになりますよ」と脅しトークがぶち上げられます。〈トンデモ本あるある〉過ぎて、つい感心してしまいましたわ……。

更年期障害の原因は、膣の乾燥?

 さてその大変なことって? それは膣が乾燥すると子宮にも影響が出て、ホルモンバランスが崩れるんですってよ、奥さま方! セックスレスやセックスに淡白なことも乾燥の原因。すると老化は一気に加速→更年期障害がきついものになりかねない……そうです。まあ、それは大変~って、そんなことあるんでしょうか??

 同書は〈だから保湿はしっかりと、オイルを膣の中への粘膜へもしっかり塗りこみマッサージも行いましょう〉と提唱。逆に膣ケアをしっかりしておけば、アンチエイジング効果は抜群! その証拠に、著者の師であるフランスの医師は60歳でも肌にシワがなくつややかでキレイ。って、そのたった1名が根拠とはびっくりなんですけど。

SpiYakou120b

Amazon

 さらに翌年発売された『枯れないからだ』に進むと、閉経後の健康問題に話が進行。トンデモ度は急上昇し、「膣ケアで老後の不安がまるっと解消」とまで話が暴走していきます。妊娠出産に活躍する膣は神秘! 膣周りの健康は女の幸せの基本であるという、かつての子宮教と全く同じ思想を持ちつつ、次のような効果効能を語っています。

1 2 3 4

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。