嵐・大野智の「夏休み」の居場所詮索はやめて ファンは「釣り人」に理解

【この記事のキーワード】

 ファンの理解を得られるように、活動休止までに2年間という時間をもうけた嵐。そこには彼らなりのファンに対しての仁義があったはずだ。けれど、今回の記事を読んで「大野君、宮古島に行くんだ」「芸能活動休止中ならば事務所のガードも緩いはず」と考え、大野を探して宮古島へ行くファンが増えたりしたら……嵐のそんな思いはファンには届かなかったことになる。もちろんこの記事通りに大野が休止中に宮古島に住むのかどうか、たしかではないし誰にもわからない。どこかほかの場所で釣りをするなり、転々と旅をするなり、可能性はいくらでもあるだろう。いずれにしろ、居場所を詮索されては、芸能活動を休止した意味がなくなってしまう。

 休止は大野が次のステップに進むための充電期間だ。釣りだけではなく、趣味の絵画に没頭する時間を作りたいとの気持ちもあるはず。ファンならば、大野の心情を理解して宮古島や記事内にあるほかの候補地で大野の姿を探すようなことはせずに、どうかそっと個々の心の中で彼を見守ってあげてほしい。大野が芸能人ではなく、ひとりの人間として自由に過ごすことで新たに見えてくるものはきっとあるはずだ。1月28日に放送された『news zero』(日本テレビ系)の中で、メンバーのひとりである櫻井翔が力強く嵐の復活はあると断言した。いまはその言葉を信じて「来るべきいつか」を待っていたい。

(エリザベス松本)

1 2

あなたにオススメ

「嵐・大野智の「夏休み」の居場所詮索はやめて ファンは「釣り人」に理解」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。