フランチャイズ加盟での起業はアリか? フランチャイズのほうが有利な業種業態とは

【この記事のキーワード】

本気度と熱意が問われる

 前提としては、まず自分の成功イメージを思い浮かべ、その達成のために、「どういう努力がどのくらい必要なのか?」「10年以上やれそうなほど情熱を注ぎたいビジネスなのか?」「なぜFCなのか? FCでないといけない理由はあるのか?」を問うことが必要です。

 私もコンビニ本部に勤めていたとき、リストラされた、もしくは早期退職したがまたサラリーマンは嫌だ、だからコンビニに加盟したというオーナーを数人見ました。

 「何が何でもコンビニをやりたいんだ!」という情熱がなく、「なんとなく儲かりそうだから」「なんとなく自分にもできそうだから」で入ってきた人は、確か十数年だったと思いますが、契約更改時で辞めていきました。

 それほど大変な仕事だからです。これは外食も同じで、自分が好きだから蕎麦屋を開業したけれど……みたいな失敗例はよく耳にします。

 ほかにも、会社員は嫌だ、人間関係も面倒だ、という人が、前述したリペアや家事代行、あるいはテイクアウト食品専門店など、ひとりでできるFCに加盟することがありますが、これも肉体仕事で大変です。

 もちろん、気軽な感じで始めてみたら意外なほど儲かって楽しくなった、というケースもあるのは確かです。前述の奥様がブランド品買取店FCに加盟した人も、そのパターンです。かつて携帯電話ショップをやっていた知人もそう言っていました。

 とはいえ、やはり好きでなければ続かないし、好きでもない仕事で独立起業というのは、あまり幸せではないような気もします。うまくいかないときに将来の展望が見えずに絶望しやすいですし。

 なので、たとえFC本部の支援が不十分でも、あるいは途中でFCは本部が倒産しても、自分は独力でもやるんだ、というくらい情熱を持って取り組めるビジネスが望ましいでしょう。

 前述のバルチックカレーも、本部のバルチックシステムが倒産した後も屋号を引き継いで経営している人はいます。きっとカレー屋をやることに誇りを持っているのでしょう(あるいは借金があって引くに引けないとか……)。

 そこでたとえば、そのFCに加盟している人で、売上が良い人と悪い人、経験が長い人と短い人の両方から話を聞いてみると、実態がわかると思います。

 とはいえ、FC本部が売上の悪い人に会わせてくれるとは思えませんので、さびれていそうな店舗に飛び込み「加盟を検討しているのですが……」と相談してみるとか。

 そして、たとえばその業界でしばらくアルバイトをするなど裏側を知って、それでも「やりたい」という情熱が確認できてからでもよいように思います。

1 2 3 4 5 6

「フランチャイズ加盟での起業はアリか? フランチャイズのほうが有利な業種業態とは」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。