中居正広『ナカイの窓』打ち切り! 6月の「決断」に注目集まる

【この記事のキーワード】

 現在、ジャニーズ事務所は転換期を迎えており、2018年をもって引退して裏方に回った滝沢秀明がJr.を統率するなど抜本的な改革が始まっている。この背景には、2016年のSMAP解散騒動に端を発し、ジャニーズのブランド毀損が進んでいるという事情がある。

 そんな中で、中居は事務所を立て直す役割を負うのか、それともこのタイミングで事務所を離れるのか。不可解な冠番組の打ち切りが相次いでいるのは、事務所が中居を「干して」いるのではなく、むしろ中居が現状の仕事を“整理”していると見ることも出来る。草なぎ剛、稲垣吾郎、香取慎吾は独立し、現在は自由な活動ぶりを見せている。中居がそちらに合流するとしても、ファンは納得するだろう。

 また、木村拓哉も同じく6月に契約更新を控えており、その動向が注目されている。木村は1月14日放送の『帰れマンデー見っけ隊!! 3時間スペシャル』(テレビ朝日系)に出演、占い芸人のアポロン山崎から「6月に新たなことがスタートする」とのお告げを受けて複雑な表情を浮かべていた。

 何事もなく夏を過ぎ、冬を迎えるのか。それとも「新たなことがスタートする」のか。中居と木村の決断に、注目が集まっている。

1 2

「中居正広『ナカイの窓』打ち切り! 6月の「決断」に注目集まる」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。