エンタメ

『いだてん』視聴率が1ケタまで急落、宮藤官九郎が日曜8時の心境つづる

【この記事のキーワード】
【完成】『いだてん』視聴率が1ケタまで急落、宮藤官九郎が日曜8時の心境つづるの画像1

『いだてん』公式サイトより

 宮藤官九郎が脚本を担当する『いだてん ~東京オリムピック噺~』(以下、『いだてん』)が早くも正念場を迎えている。

 2月10日に放送された『いだてん』第6話の平均視聴率は9.9%(関東地区/ビデオリサーチ調べ)を記録。大河ドラマ史上最速で1桁台まで落ち込んでしまった。

 そんななか、宮藤官九郎はいかなる思いで『いだてん』の放送を迎えているのだろうか。「週刊文春」(文藝春秋)2019年2月21日号に掲載された連載コラム「いまなんつった?」で宮藤官九郎はこのように綴っている。

<家族が『いだてん』を見る日曜8時、どう過ごせば良いか分かりません。(中略)「静かに見れるならいてもいい」と言われ、1回だけ一緒に見たのですが、やはり反応も気になるし、黙ってても作者というのは気配が“うるさい”ようです>

 それからというもの、宮藤官九郎は日曜8時に必ず外出することにしているようだ。第2話はサウナのテレビで鑑賞した。また、第3話が放送している間はファミレスで仕事をしており、<ここにいるファミリーは『いだてん』を見ていないんだなという安心感と寂しさに包まれながら、第32話を書いていました>と、コラムで告白している。

嵐の活動休止発表と4話の放送が被り、『いだてん』スタッフはパニック

 そして、4話の放送日は1月27日だった。そう。嵐の活動休止が発表された日である。

 この日の17時に嵐の活動休止が発表され、ネットニュースなどはその話題1色に染まった。そして同日20時から記者会見が行われたのだが、この時NHKのスタッフルームで会議をしていた宮藤官九郎のもとには、「20時からの会見がNHKで生中継される」との情報が飛び交い、「いだてんは!?」「飛ぶの!?」「4話めっちゃ面白いのにぃ!」という悲鳴が巻き起こったという。その日の出来事を宮藤官九郎はこのように綴っている。

<もちろん嵐には大変お世話になっている、5人とも本当に好青年。でも、なんでまた8時からNHKで!? すぐにガセネタと分かり会議は再開されました。冷静に考えたら、そんな情報まっ先にこのスタッフルームに来るはずですもん>

NHK上層部は『いだてん』の視聴率を「気にしない」と言っていたが…

 宮藤官九郎の書くドラマは、評価が高かったり、後々まで残っていくような作品であっても、放送時の視聴率は振るわないことが多い。

 なので、リアルタイムでの視聴者の反応などはさほど気にしていないのかと思えば、現実はまったくそんなことはなく、ソワソワしっ放しであったようだ。

 『いだてん』の視聴率は初回こそ良かったものの、それからはずっと苦戦を強いられてきた。とはいえ、NHK側も宮藤官九郎という作家の特性については十分理解しており、『いだてん』に関しては数字ばかりを求めない旨を表明してきた。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。