『あまちゃん』再放送が決定! のん『いだてん』出演の布石か?

【この記事のキーワード】

NHKものんに対する嫌がらせに加担していた?

 2016年にのんがレプロを独立して以降、彼女が受けた嫌がらせの数々については、ひとつひとつ挙げていけばキリがないが、レプロおよびバーニングプロダクションへの忖度に動いたNHKもそれに加担している。

 たとえば、2016年大晦日の『第67回NHK紅白歌合戦』である。この年の『紅白』では、紅組司会が有村架純であったことから「有村架純「ふるさと」特別企画 あまちゃんの舞台 久慈を訪ねて」とのコーナーがもうけられた。

 このコーナーは、有村が『あまちゃん』舞台の岩手県久慈市の中学校を訪れたVTRが流された後、NHKホールで紅白出演者が嵐の楽曲「ふるさと」を合唱するという、復興支援の企画。そのコーナーのオープニングでは、資料映像として『あまちゃん』の映像も流されていたのだが、そこにのん出演シーンは1秒たりとも含まれていなかった。

業界全体がのんバッシングに向かうなか、宮藤官九郎だけは違った

 こういった事例はNHKだけに限った話ではなく、各局のテレビで行われていた。

 そんな状況を宮藤官九郎は快く思っていなかったようで、「週刊文春」(文藝春秋)2016年7月7日掲載の連載コラムでは、このように綴っている。

 業界あげての「のんバッシング」が繰り広げられていた当時、宮藤官九郎は勇気ある擁護を続けていたのである。

<そう言えばトーク番組で『あまちゃん』の話題になり懐かしい映像が流れたのですが、映像使用の許諾が取れなかったのか、アキ(能年玲奈さん)がワンカットも映ってなかった。代わりに前髪クネ男(勝地涼くん)がガッツリ映ってて笑った。あまちゃんは能年さんの主演作ですよ、念のため>

 『あまちゃん』は2013年上半期の連続テレビ小説で、再放送は2015年以来されていない。その後は資料VTRをまともなかたちで流すことすら不可能となった。そんな状況から、BSプレミアムとはいえ、ついに『あまちゃん』再放送まで辿り着いたことの意義は大きい。

 のんが地上波のドラマに復活するのは時間の問題かもしれない。

1 2

「『あまちゃん』再放送が決定! のん『いだてん』出演の布石か?」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。