ファミマvsセブン 二郎系コンビニラーメンを「二郎全店制覇ライター」が実食し“カラメ”評価を下す!!

【この記事のキーワード】

 しかしこのチャーシュー、実際にかじってみるとタレの味つけが絶妙で、端的に言って美味い。これが二郎並みに厚切りだったら、どんなに嬉しかっただろうか。もはやチャーシューだけで、ファミリーマート版には勝ったといえる。

ファミマvsセブン 二郎系コンビニラーメンを「二郎全店制覇ライター」が実食しカラメ評価を下す!!の画像6

二郎ファンからすると貧相なチャーシューだが、味は侮れない(筆者撮影)

 スープもどこかの“非乳化系”二郎で見覚えがあるような色合いで、口をつけてみれば醤油のキリッとした味わいが印象的。とはいえ二郎に比べるとマイルドで、より万人ウケしそうだ。

 青ネギはシナシナで残念だったが、モヤシはシャキシャキしており、次々と食べ進めたくなる。二郎と一緒で、刻みタイプのニンニクが添えられているのも高ポイントだ。この手のラーメンはやはり、ニンニクをガッツリ混ぜて食べないと雰囲気に欠ける。

 ただ、麺は期待ハズレで、ファミリーマート版より若干マシという程度に過ぎなかった。スープをよく吸ってくれるため、箸で持ち上げると美しいのだが、その食感はラーメンというよりもうどんに近い。するする胃の中に入ってくれるものの、食べごたえには乏しいのである。この出来で二郎ファンが唸るかというと、それは怪しいだろう。

ファミマvsセブン 二郎系コンビニラーメンを「二郎全店制覇ライター」が実食しカラメ評価を下す!!の画像7

二郎系ラーメンとしては、平凡の域を出ない?(筆者撮影)

コンビニラーメンの550円というコスパを、どう捉えるか

 二郎全体で最も安いのは「小ラーメン」が500円で食べられる目黒店(東京都港区)だが、多くの店舗では1杯700円を超える。交通費もかかるし、長い行列にだって並ばなければいけない。出てくるラーメンは値段以上のボリューム感が約束されているが、つい調子に乗って食べすぎて苦しくなってしまうこともしばしば。

 もっとも、それら全てを引っくるめて“ラーメン二郎という体験”だと筆者は考えている。それだけに、自宅で手軽に食べられるコンビニラーメンは、かえって味気なさが際立ってしまった。たとえ二郎より安かろうと、それは値段相応の味と量にしか思えないのだ。

 ――逆にいえば、二郎系という先入観を捨てて食べる分には、ファミリーマート版もセブン-イレブン版もかなりのハイクオリティだろう。ラーメン店とは違い、作りたてのものを提供できないというハンデを背負いながらも、確実に健闘している。

 二郎のスープは飲み干したくても途中で諦めてしまうくらいドギツいが、この2商品なら最後の1滴まで堪能でき、食後のニンニク臭も二郎よりは残りにくかった。ファミリーマート版のレビューでも言及したように、自宅でアレンジする楽しみもある。550円ならコンビニ食としてはプチ贅沢のレベルだろうし、大いにアリなのではないか。

 ここまで来たら、ローソンをはじめとする他のコンビニチェーンも参戦してほしい。そのときは筆者も、“全コンビニ制覇”して進ぜよう。

(文=宮元大地/A4studio)

1 2 3

「ファミマvsセブン 二郎系コンビニラーメンを「二郎全店制覇ライター」が実食し“カラメ”評価を下す!!」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。