村上信五が小島瑠璃子との熱愛報道で「この度は本当に…」スルーしない異例の対応なぜ

【この記事のキーワード】

 大野は1月の会見で「自由に生活をしてみたい」「だいたい3年前くらいからそういう気持ちが芽生えて、強くなっていった」と説明していたが、3年前という時期は「FRIDAY」の熱愛報道および謝罪会見と時期が重なる。

 また、嵐の活動休止にはメンバーそれぞれの結婚が絡んでいるともいわれている。これまで、国民的アイドルを自覚して恋愛をひた隠しにしてきたメンバーが、自由を求めて「嵐」という荷を降ろす−−全員が30代後半に差し掛かった今、その道理も理解できるだろう。

 「ジャニーズだから恋愛できない」「結婚できない」という理屈は、これまでアイドルビジネスにおいて自明のことだった。しかし当然ながら、ジャニーズタレントもアイドルである前にひとりの人間であり、恋愛や結婚という人生プランを制約していいものではない。多方面に影響を及ぼし大きな金が動く仕事をしている彼らではあるが、だからこそ週刊誌が「熱愛」をかぎつけたときに、それがもし事実であれば「謝罪」ではなく堂々と認め、祝福を受けられるようにしていったほうが良いのではないだろうか。

1 2 3

「村上信五が小島瑠璃子との熱愛報道で「この度は本当に…」スルーしない異例の対応なぜ」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。