敷居の低い副業3つ 今ではなく3年後の自分を想像して始める

【この記事のキーワード】

勢いを止めないために“すぐに”チェックしたい3つのwebサイト

 では、副業を始めようと思ったら、まず何から始めれば良いのでしょうか? 答えは、副業ネタを決めることからです。敷居の低いものを3つほど挙げてみましょう。

①モノを仕入れて売る

②スキルを販売する(代わりにやってあげる)

③教える

 簡単に取り掛かれるのは、この3つです。アフィリエイトなどのネットビジネスもすぐに始められますが、成果がでるまでに長い時間がかかりますので、まずは上の3つから選んでみると良いでしょう。

 消去法で、②、③はできないなと思う人は、街を歩いたり、ネットオークションをリサーチしたりして、「安く買えて高く売れそうなも」のを探してみましょう。モノレートなどのサイトが参考になります。

モノレート

 ②、③ができそうだなと思う人は、ココナラ、ストアカなどのサイトを見てみましょう。あなたができそうなことをやっている人が見つかると思います。単純に、真似をしてみてはいかがでしょうか?

ココナラ

ストアカ

何もしないことこそリスク。一歩踏み出せば見えてくる!

 本業が忙しい、あれができたら、これがこうなったら……、やらない言い訳や理由は無限に見つかります。適当な理由を見つけて、結局何もせずにいることは、これからの時代を生きていく会社員にとってはリスクでもあります。出来上がった組織で、用意された仕事しかできないような頭になってしまえば、本業の変化についていくことすら難しくなってしまうでしょう。

 確かに、上司のように相談できる人がいないと感じる分、不安もあるかもしれません。ですが、たとえばココナラなどを見れば、真似のできそうな先例(サンプル)が山ほどありますし、私の主宰している起業18もそうですが、相談できる場所もたくさんあります。

 ぜひ、気軽に、まずは一歩踏み出してみてください。「ゼロから事業を立ち上げよう」などと大げさに考える必要はありません。敷居の低い副業をひとつ選んで、遊び感覚でやってみるだけでも、視野がぐっと広がるはずです。

1 2

「敷居の低い副業3つ 今ではなく3年後の自分を想像して始める」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。