ホラーより怖い衝撃ドラマ『絶対正義』が教えてくれる「信念は凶器になる」

【この記事のキーワード】

演技派の女優陣たち

 主演の山口を含め、美村里江(元ミムラ、といえばわかるだろうか)、田中みな実、片瀬那奈、桜井ユキたち女優陣の成熟した演技が、この恐ろしい物語にリアリティを与えている。それぞれ問題を抱えたアラフォー女性を等身大に演じているが、特に印象深かったのは、美村が演じる由美子の自信のなさそうな疲れきった表情。華やかな3人とは正反対に、苦しい生活を送る彼女の劣等感や疲労が全面に表現されていた。笑顔で明るいイメージの強い、ふんわりとした女優だと思っていたが、今後は幸薄い主婦役でも需要が増えるかもしれない。

 次に注目すべきは、この作品で女優デビューを果たした田中みな実。名だたる女優陣の中でもひけを取らず演技が自然で、視聴者から「上手い」「想像以上に良かった」と高評価を得ている。アナウンサーから女優へ活躍の幅を広げるとマイナス意見を囁かれることも少なくないが、今回の挑戦は大成功だったのではないだろうか。第二の「野際陽子」になれるかもしれない。

 片瀬と桜井にいたっても、強そうに見えて実際は脆いという、人間味溢れる人物を巧みに表現していて申し分ない。実際の2人もそうなのではないかと錯覚するほどリアリティのある演技を見せてくれている。これまでは範子にしてやられ、苛立ったり怒っている場面の多かった2人だが、今後の展開によっては窮地を脱し、範子に一矢報いることができるかもしれない。2人の強さ溢れる演技に期待だ。

本当に恐ろしいのは人間である

 人間の恐ろしさを浮き彫りにするドラマ『絶対正義』は、この世で一番人を恐怖させるものが、幽霊や怪奇現象などではなく「人間」だということ、そして「信念」は心の支えになるが、時として凶器になることを教えてくれる。

 クレーマーやモンスターと評される人物たちも、元々は「状況を改善したい」「自分の気持ちを理解してほしい」という信念から発生し、収拾がつかなくなってしまったなれの果てなのかもしれない。

 自分は正しいと思い込み、聞く耳を持たない人間ほど始末に負えないものはなく、そんな人間とのトラブルを解決することは非常に難しい。最凶にして最強の主人公・範子はこのまま『絶対正義』を振りかざし、4人を恐怖で支配するのだろうか? 範子と娘・律子の挙動に背筋をゾクッとさせられながら、先の展開が気になって次回が待ちきれない。決して心温まる物語ではないが、刺激を求める視聴者にはオススメの作品だ。

1 2

「ホラーより怖い衝撃ドラマ『絶対正義』が教えてくれる「信念は凶器になる」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。