エンタメ

平野紫耀の実写映画に原作ファン否定的、平祐奈はインスタコメント欄を再び開放

【この記事のキーワード】
平野紫耀の実写映画に原作ファン否定的、平祐奈はインスタコメント欄を再び開放の画像1

平野紫耀と平祐奈

 King&Prince(以下、キンプリ)の平野紫耀が、人気漫画『かぐや様は告らせたい~天才たちの恋愛頭脳戦』(集英社)の映画実写版の主演を務めることがわかった。ヒロイン役は橋本環奈が演じる。ストーリーからするに、甘酸っぱい学園ラブコメとして料理されそうだ。

 『かぐや様は告らせたい』の舞台は将来を期待されるエリートが集まる名門校「秀知院学園」。生徒会会長・白銀御行(平野)と副会長・四宮かぐや(橋本)は、お互いに惹かれあいながらもプライドの高さから告白が出来ない。二人はどうにかして相手から告白をさせるために“恋愛頭脳戦”を繰り広げる。“天然キャラ”の平野紫耀とは真逆の役柄のようだ。

 『かぐや様は告らせたい』は1月からアニメも放送中で多くのファンがついている作品。そのせいか実写化のキャストが発表されるや否やネット上では、平野紫耀に対して「イメージに合わない」「これじゃない感が凄い」「ジャニーズのゴリ押し」といった否定的な声が出ている。橋本環奈に対しても同様のバッシングが起きており、「実写化のキャスト発表からのバッシング」は恒例化していると言えるだろう。

 しかし、平野にはこういった前評判を覆した過去がある。

ドラマ『花のち晴れ』のキャスト発表でも「平野紫耀ってジャニーズのゴリ押し?」

 昨年4月から放送された連続ドラマ『花のち晴れ~花男 Next Season~』(TBS系)でも平野紫耀は主演を務めたが、そのキャスト発表時も平野に対して「平野紫耀って誰?」「華が無い」「演技できるの?」「ジャニーズのゴリ押し感しかない」などとほぼ無名ゆえの不評が立った。

 『花のち晴れ』は人気漫画が原作なうえ、松本潤と井上真央主演で大ヒットしたドラマ『花より男子』(TBS系)の続編だ。平野はキンプリとして2018年にデビューしたばかりで世間一般的な知名度はほぼないにもかかわらず、ヒット作の続編かつゴールデン帯の連続ドラマの主演というお膳立てがされたため、そういった声が出ることも致し方なかった。

 ところが、ドラマが放送スタートすると、次第に平野演じる神楽木晴の「イケメンだけどへタレなキャラ」に平野が憑依しだしたと話題になっていく。ドラマの全話平均視聴率も9.5%(ビデオリサーチ調べ/関東地区)で、『花より男子』のような爆発的ヒットドラマとはならなかったものの、まずまずの結果で終了。この作品で平野およびキンプリのファンは大幅に増えたはずだ。

 また平野は俳優としては駆け出しで、業界内でもまだまだ演技力不足という指摘もあるが、『花のち晴れ』の撮影現場では平野の前向きに作品に取り組む姿勢から、スタッフからの評判は良かったという。

 『かぐや様は告らせたい』で平野が演じるのは、またもエリート学園のイケメンという『花のち晴れ』と似た役柄。『花晴れ』は評判になったが、これが“吉”と出るだろうか。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。