社会

宇賀なつみアナが涙ながらに「報道」の現状への違和感を吐露 変わりゆくテレビ朝日

【この記事のキーワード】
宇賀なつみアナが涙ながらに「報道」の現状への違和感を吐露 変わりゆくテレビ朝日の画像1

宇賀なつみアナウンサー公式ブログより

 今年度いっぱいでの退社が発表されているテレビ朝日の宇賀なつみアナウンサーが、2月21日放送『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日系)のなかで、テレビ朝日の報道姿勢に関して苦しい胸のうちを語った。

 宇賀なつみアナは、涙で目を潤ませながら、このように語ったのだ。

<やっぱり報道という世界に憧れて入ってきた自分は、『うーん、ちょっと現実は違ったな』と思って情けなかったり悔しかったりすることは確かにありますね>

テレビでは沖縄の問題も勤労統計の問題もまともに扱われない

 この日の『モーニングショー』では、「そもそも日本人が知るべき問題とは何だろう」と題し、日本のメディア、特に、テレビの情報番組が扱う内容について疑問を呈する特集を放送した。

 このコーナーの司会を担当したテレビ朝日の玉川徹氏は、コーナー冒頭でまず、辺野古米軍基地建設をめぐる沖縄県民投票にせよ、勤労統計の不正調査問題にせよ、多くの国民が本当に知るべき情報がテレビできちんと取り上げられていないと主張。この特集が組まれる意義を説明した。

 その後、玉川氏がウーマンラッシュアワーの村本大輔と、フリージャーナリストの安田純平氏にインタビューしたVTRが放送された。

 対談のなかで3人は、沖縄の問題にしても、原発の問題にしても、シリアの問題にしても、国民が興味をもたなかったり目を背けたりするがゆえに、テレビも取り扱わなくなり、その結果として問題意識も育まれない危機感を共有する。

 そのなかで村本は、<沖縄っていうのは基地でしょ? 基地っていうのは沖縄の話だけじゃないでしょ? 日本の話でしょ? 原発って福井県の話でも、福島の話でもなく、全国の話でしょ? でも、なぜかみんな聞かないじゃないですか。みんなね、考えたくないっていう装置がパーンって押されるじゃないですか。それは考えないで、楽に語れるものを求めているんですよ。遊びで語れるもの。苦しみたくないんですよ。自分たちさえよければいいから>と分析した。

 そのように、国民の考えが楽な方へばかり逃げていく背景として村本は「心の余裕がなくなっている」としたうえで、その結果としてテレビがどのような存在に堕落してしまったかを、次のように断言した。

<(もはやテレビは)不安を解消するための道具で、真実を伝えるための道具ではない>

羽鳥慎一アナは「テレビは真実を伝えるものでなくてもいい」

 VTR明けに玉川氏は「テレビは不安を解消する道具で、真実を伝える道具ではなくなった」という村本の発言に感銘を受けたと語り、コメンテーター席に座る番組MCの羽鳥慎一アナに話を振った。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。