発熱で寝込んでも「女のくせにグウタラして」と叱り飛ばす労わりゼロの感覚に「NO!」

【この記事のキーワード】

 さて、家出2泊目に至っているトピ主。子どもたちとは連絡を取っている。夕食は子どもらが交代で作り、他の家事も現在春休み中の大学生の娘を中心に頑張ってくれているようだ。夫は「父が申し訳ない、自分の気の済むようにしてくれたらいい」と言い、いつもは遅いのに昨日は夜7時ごろに帰宅したそうだ。

 ただ肝心の義父はまだ怒り狂っているらしい。義父が謝罪の意を持つまで帰りたくはないが、中学生の息子はもうすぐ期末試験で世話してあげたいトピ主。幸いにも子どもたちは3人とも「お母さんの味方だ」と言ってくれており、トピ主もいつまでもこのままというわけにはいかないとわかっている。だが義父に謝ってほしいのだ。

「今、私のとるべき道は……。考えれば考えるほどわかりません。義父に謝ってほしいと願うのは所詮無理なのか。今が大事だから折れるべきではないのか。私から家出をした事を謝るべきなのか。皆さん、意固地になっている私に客観的な意見を教えてください」

 重い……! 辛い! トピ主が家出するのではなく、なんとか義父を追い出せないか。でも肝心の夫が役に立ってないよなあ……。義父がありえない、というコメントだらけかと思いきや、色々な意見が出ていた。

「家出なんかしたらダメでしょう。義理親と衝突するのは仕方ないけど、その場から逃げたら負けですよ。自分が間違ってないと思うならあくまで逃げないことです」

「だんな様と話し合ってもっと「経済的負担」が少ない方法で「家出続行」したら良いのでは?いずれにしても、もう「家出」しちゃったのですからこの先のことを考えても「中途半端」には戻らないことです」

「良い機会だと思って話し合ったらどうですか?義父が変わることを期待するのは止めましょう 別居を前提とした話し合いです 義父と別居か、夫婦で別居か、どちらかを決めた方がいいかと思います このままだったら子供さんが可哀想です」

「娘さんも一緒に連れて来てあげて下さい。貴女が家出をすれば、矛先が娘さんに向き、今度は娘さんが家事をやらされることになります。そうなったら娘さんが可愛そうです。その家から貴女と娘さんの二人が出て様子をみてみたらいかがですか。私は娘さん側の経験があるから娘さんが不憫で仕方がありません」

 残された子供達、特に娘さんが気の毒だという声が多く、トピ主はそのコメントを読んで目覚めた。

「本当にハッとさせられました。そして、何より、同じ「女」である娘にしわ寄せがいっていないか?連れていってあげては?というご意見にも涙が溢れてしまいました。本当にその通りです。自分のことばかりで気づいていませんでした」

 そして家族のことを見つめ直したトピ主に、さらなるコメントが突き刺さる。

「あの…義父さんよりご主人と話し合ってください。ご主人はどうしたいの? 妻が高熱を出しても父親の世話をして欲しいの? 申し訳ない…って謝ればいいってものでもないでしょう。大学生の娘に家事をやらせて、それで良いの?」

 これを受けて書き込まれたトピ主レスは、<一番悪いのは夫なのでは?>と、家事を全然やらない夫への怒りが溢れ出している。

「今まで義父に対する怒りばかりに満ち溢れていました。でも、それは義父の言動が余りにも酷すぎたから夫への怒りが見えていなかっただけなのだ、と皆さんのレスのお陰で気が付きました。

一番悪いのは夫なのでは?

夫は、義父と喧嘩するだけで何ひとつ解決しようとなんてしなかった。

妻や子どもにごめんと謝るだけで前向きな行動なんて一度もしてこなかった。

「親父の世話は土日は担当するから」と、まるで理解のある夫みたいに言うけれど、じゃあなぜ私は週に5日も担当させられているのか? なぜ、夫が飲み会に行っても私は家で義父にご飯を出し続けなければいけないの? 義父と夫の喧嘩が始まるたび、子どもたちが怖くて嫌な思いをしている事に気付いていないのだろうか? 私に「気がすむようにしたらいい」と言うけれど、どうしたって今更、気なんて済まないと思わないのだろうか? 他にも、そういえばあの時も、あの時も、と色んな過去のことも思い出してしまいました」

 こう書いたトピ主は夫をホテルに呼び出し話し合いをすることに。上に書き込んだようなことを滔々と話したという。夫は黙って聞いていた。

「(夫は)義父とは大喧嘩するけれど、私にはこういった態度でいることが多いです。今まではそれを「妻の話を聞いてくれる夫の優しさ」だと思っていました。でも、今は、これってただの事なかれ主義なのではないか? と思えてきました。とりあえず妻の気が済むまで話を聞く。……ただそれだけ。その先が今までなかったんです。気が済んだだけで現実は何にも変わらない。だから、今回は、黙って聞くだけでなく自分の考えをしっかりと教えて欲しいと言いました。そして、今後子どもたちと私が笑顔で暮らすにはどうしたらいいのかを、夫から提示して欲しいとも言いました。レスにあった同居解消・施設入所・アパートで一人暮らしなどの案はあえて言わず、夫がどのように提案してくるかを待つ事にします」

 そして夫はこの日、自ら宣言して2つの約束をした。

・今週1週間を全て半休で帰り食事作りや家事をする。

・もしトピ主が家に戻っても今週は夫が全てする。

「旦那さんは普段居ないし、女性ではないので「女のくせに」がいかに屈辱的で、精神的にダメージをくらうか、イマイチ分かって無いのでしょう。だから、行動に移さないのです」

 というコメントもあったが、確かにその通りかもしれない。また子供達にとっても、目の前で自分の母がdisられているのを見ることがいかに屈辱的かを、理解していないのだろう。

1 2 3

「発熱で寝込んでも「女のくせにグウタラして」と叱り飛ばす労わりゼロの感覚に「NO!」」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。