エンタメ

松本人志のセカンドレイプが止まらない「嫌よ嫌よも好きのうち」

【この記事のキーワード】
松本人志のセカンドレイプが止まらない「嫌よ嫌よも好きのうち」の画像1

『ワイドナショー』(フジテレビ)番組ホームページより

 ダウンタウンの松本人志がまたもや『ワイドナショー』(フジテレビ系)での発言で“炎上”している。

 この日の『ワイドナショー』では、元自民党の田畑毅衆議院議員による準強制性交容疑について扱った。

 「週刊新潮」(新潮社)2019年2月28日号などが伝えたところによると、田畑議員は昨年のクリスマスイブに、交際中の女性の裸を盗撮したことが問題となっている。その際、女性はアルコールで酩酊しており、意識がなかったという。

 同誌で取材を受けている女性によれば、それ以前から日常的に盗撮されている気配は感じ取っており、事実、田畑議員のスマートフォンを取り上げて画像フォルダを見たところ、盗撮動画が200以上保存されていたと証言されている。

 女性は準強制性交罪等の被害者として刑事告訴状を提出し、2月上旬に受理された。

松本人志は「同意を確認するのは興ざめ」と発言

 番組では、上記のような事件のいきさつが説明された後、元NHKアナウンサーの堀潤氏が昨年の7月に行われたスウェーデンでの法改正について説明した。

 現在のスウェーデンでは「交際中の2人であっても、明確な同意なしに性行為におよんだ場合はレイプになる」という法整備がなされている。

 スウェーデンの取り組みについての説明を聞く松本人志は、不愉快そうに<それはどうかな><それはどうかな、と僕は思うけどね>と繰り返し発言した。

 しかし、隣に座るHKT48の指原莉乃は、松本人志の目を見据えながら<違います>と断言。

 すると、松本は苦笑いしながら<これなんか嫌な火薬の匂いがする>とつぶやき、さらに頭を抱えながら<松本しっかりせえよ! 松本! 松本しっかりせえ!>と自らに向けて問いかける仕草をして、スタジオは爆笑に包まれた。

 松本といえば、NGT48暴行事件を扱った1月13日放送回の『ワイドナショー』で、<今回、私が一番問題だと思ったのは、とにかく誰がトップなのか、誰が仕切っているのか、本当に私ですら分からない状態なんです。今回の運営のコメントも、誰の名前も出ず、誰の顔も出ず、誰が書いているのかも分からないコメントを中途半端に出した><今回のことがあって余計に、メンバーと運営の間に立つ人間が少な過ぎるので、そのケアはこれからもしたいなと思った>とコメントした指原に対して<お得意の身体を使ってなんかするとかさ>との言葉を投げつけて大炎上したのも記憶に新しい。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。