エンタメ

中居正広が「タッキー不仲疑惑」「結婚」「預金残高100億」すべてに言及

【この記事のキーワード】
【完成】中居正広がネットの噂「タッキー不仲疑惑」「結婚」「預金残高100億」を検証の画像1

(左)中居正広/(右)滝沢秀明

 27日放送の『ナカイの窓』(フジテレビ系)で中居正広は、滝沢秀明との不仲説をはじめ、“ネットの噂”をことごとく否定している。この不仲説とは、滝沢がSMAP解散を「ジャニーズ事務所への不義理」と捉え、「アホ」と罵ったというものだった。

 番組では、ネットに流れる噂を検証するコーナーでまず「中居とタッキー不仲疑惑」を取り上げた。さっそく話を振られた中居は「みんなが仲悪いと思うならそれでいいです」と投げやりな様子で、陣内智則が「また“中居が認めた”ってネットニュースの噂になりますよ」とツッコんでも「面倒くさいもん」と苦笑。

 「噂の出所も分からないし、俺は知らなかった」と説明しつつ、滝沢が自分の番組にゲスト出演した際に「お前、知ってた?」と直接聞いたところ、滝沢は「知ってました」と答えたというエピソードを明かし、「“言えよ、お前!”ってなった」「それまで何回も(滝沢と)絡んでて、“イエーイ!”とか“こちょこちょこちょ”とか。俺がバカみてぇじゃん」と憤慨した様子を見せた。

 これにファンからは「ちゃんと否定してくれて嬉しい」「くだらない噂を笑って全否定する中居くん、さすが」「中居くんファンはタッキーが仲良いの知ってたよ~」とさまざまな反応が見られていたが、ネットに湧く噂と本人の態度にはかなりの温度差があるようだ。

「中居とタッキー不仲疑惑」の奇妙な経緯

 そもそも、中居と滝沢の不仲説とはどういうものか。噂を決定づけたのは、SMAP解散騒動に世間が沸いていた2016年9月に、「週刊文春」(文藝春秋)が掲載した滝沢のインタビュー記事だった。

 物議を醸した滝沢の発言はこうだった。

<(事務所には)ただ恩返しをしているだけです。僕だけでなく、ジャニーズは全員そう。ただの少年が180度人生を変えてもらったわけですから、感謝するのは当り前。それをわからなかったらアホでしょう>
<僕らの仕事は、ただキャーキャー言われてるだけじゃないんです。自分の後ろにはスタッフとかたくさんの方がいて、その人たちの生活もかかっている>

 この発言が、ジャニーズ事務所からの独立を画策したSMAPメンバーに向けたものであるとして、“滝沢秀明がSMAPを批判した”“SMAPの独立組をアホ呼ばわり”との解釈が一気に拡散。さらに同月、「週刊文春」は滝沢のプロデュース業にまつわる記事のなかで、不仲な相手として、藤島ジュリー景子副社長や、今井翼、中居正広などの名前を挙げた。。SMAPのリーダーである中居と滝沢の不仲説が確立してしまった。

 だが潮目が変わったのは昨年9月。滝沢が芸能界を引退して裏方に回ることを発表した頃だ。同月発売の「週刊新潮」(新潮社)では滝沢がロングインタビューに応じており、中居についても言及している。

<今回の発表で、一番最初に心配して連絡くださったのは、中居くんなんです。「飯食えてんのか?」ってすごく心配してくれて。>
<「全然大丈夫です」と返しましたが、だから本当に……いい関係なんです(笑)>

 中居いわく「不仲説を知っていた」という滝沢は、意図的にあらぬ噂を否定したのだろう。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。