NGT48の冠番組で山口真帆の騒動を「ネタ」扱い? メンバーの保護者も不信感

【この記事のキーワード】

 『NGT48のにいがったフレンド!』を見ていると、アイドルにまったく興味のなさそうな商店街のおじさんやおばさんがメンバーの名前を呼んで、ロケに来てくれたことを喜ぶ場面が何度も見られる。

 NGT48はそれだけ新潟県の地元の人たちに愛されたグループだったということだろう。

 しかし、残念ながら、もう「だった」と過去形を使わなくてはならないのかもしれない。

 事件発覚後からメンバーが出演するテレビCMの放送を中止していた一正蒲鉾はそのままスポンサー契約を終了させた。このままNGT48運営が不誠実な態度を続ければ、一正蒲鉾に続くスポンサー企業も出てくるだろうし、なによりも、応援していた地元の人たちの心が離れていくだろう。

1 2 3

あなたにオススメ

「NGT48の冠番組で山口真帆の騒動を「ネタ」扱い? メンバーの保護者も不信感」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。