松本人志の“炎上”発言は自己正当化のため?『ワイドナショー』は時事ネタを止めた方がいい

【この記事のキーワード】
松本人志の炎上発言は自己正当化のため?『ワイドナショー』は時事ネタを止めた方がいいの画像1

『ワイドナショー』(フジテレビ)番組ホームページより

 ダウンタウンの松本人志はいまやネット炎上の常連で、特に『ワイドナショー』(フジテレビ系)の発言や態度は基本的にいつも物議を醸している。『水曜日のダウンタウン』(TBS系)や『ダウンタウンDX』(日本テレビ系)、『ダウンタウンなう』(フジ)ではそうはならない。やはり時事問題を扱うにもかかわらず、被害者のいる案件も茶化す姿勢に問題があるのだと思われる。

 松本人志は2月24日放送の『ワイドナショー』において、性行為の同意を確認することについて<それはどうかな、と僕は思うけどね>と疑問を繰り返した。これは元自民党の田畑毅衆議院議員による準強制性交容疑について扱ったくだりで、スウェーデンでは性行為に必ず互いの同意が必要になったという説明を受けての発言。

<やっぱり男女間のムードってあるじゃないですか。そんな明確に『いいよ』とか……、ねぇ? 『やろうね?』『いいよ!』『イェイ!』みたいな。これはすげえ冷めるし>
<でも、女性って途中で『いやぁん』って言うときあるよ>

 性行為においてムードは大切なものかもしれない。けれど、「実はイヤだったが、怖くて言い出せなかった」り、「酩酊していて拒絶することができなかった」りもする。それによって一方的に肉体を弄ばれたとしても、拒めなかった側の自己責任にされてきた。

 また、片方が「二人でお酒を飲んだのだから、性行為もOKだろう」「部屋に来たのだから性行為もOKだろう」と思い込み、明確な同意を得ないまま強制的に性行為に及ぶことを肯定はできない。

 しかしよりによって実際の性暴力の被害を訴える人間がいる事件について扱っているなかで、松本人志は「イヤよイヤよも好きのうち」だと言ってしまう。その軽率さは一部の視聴者に批判され、“炎上”した。

 だが一方で、別の一部の視聴者は彼の主張に同意し、「同意なんて興醒め」と言う。松本の発言が“炎上”するとき、当然、擁護派も存在する。むしろそちらが多数派かもしれない、と思うときもある。現状では日本社会において、「性行為は互いの同意が必要」という認識は一般的ではなく、「イヤよイヤよも好きのうち」はまかり通る概念なのだ。

 だからだろうか、松本人志は番組内でしきりに<これ大丈夫かな?>と、自らの発言が“炎上”しないかどうかを気にする素振りを見せたが、本音では“炎上”など意に介していないように見える。番組スタッフや事務所から「そうした価値観は今、更新すべきだ」と苦言を呈されることもないのだろう。Twitterで批判されたり、ネットニュースで“炎上”と伝えられることなど、おそらく業界にとってもただのエンタメに過ぎない。

吉本芸人が集団強姦で解雇、『すべらない話』でレイプ未遂を笑う…セックスとレイプの違いを判別できない芸人たち

 5月25日発売の「週刊文春」(文藝春秋)が、吉本芸人による集団強姦の全貌を報じている。芸人の名前は伏せられているが、被害者は会社員女性・A子さん。Tと…

松本人志の炎上発言は自己正当化のため?『ワイドナショー』は時事ネタを止めた方がいいの画像1
松本人志の炎上発言は自己正当化のため?『ワイドナショー』は時事ネタを止めた方がいいの画像2 ウェジー 2017.05.25

1 2

「松本人志の“炎上”発言は自己正当化のため?『ワイドナショー』は時事ネタを止めた方がいい」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。