稲垣吾郎が主演で濃厚ラブシーンありの軽薄男? 新境地を拓き続ける

【この記事のキーワード】

『ゴロウ・デラックス』は正式終了発表も

 一方で、TBSは3月5日に開いた4月期番組改編説明会において、『ゴロウ・デラックス』の3月末での終了を正式に発表した。稲垣にとって唯一の民放レギュラー番組が消滅することになる。

 だが稲垣を俳優としてドラマに起用したい制作者は、民放テレビ局にだって大勢いるだろう。稲垣だけでなく香取慎吾、草なぎ剛もそうだが、あれだけドラマの実績がありながら、ジャニーズ事務所を離れた途端に民放テレビドラマのオファーが途絶えるのは、どう考えたっておかしい。

 2月15日に公開された主演映画『半世界』(阪本順治監督作品)では、人生の折り返し地点を迎え、葛藤を抱きながらも自分の人生を見つめ直す炭焼き職人の男・紘を演じている稲垣。稲垣はインターネットサイト「モデルプレス」のインタビューでこの映画への出演を「映画に出ることが一番好きですし、いつか阪本監督とご一緒したいと思っていたので、夢が叶ったなという感じです」と語っている。たとえ大きな事務所を退所して、逆風にさらされたり圧力をかけられたりしても。それでも、稲垣の夢はひとつひとつ叶っているようだ。「夢が叶った」――この稲垣のひとことはきっと多くの人に希望と勇気を与えることだろう。

 「ロストマン ロンリーハート」がどのような形で映像化するのかはまだわからない。映画か、Netflixなどのネット配信か、あるいはテレビドラマか。いずれにしろ必ず映像化すると宣言されているのだから、楽しみにその日を待ちたい。

(エリザベス松本)

1 2 3

「稲垣吾郎が主演で濃厚ラブシーンありの軽薄男? 新境地を拓き続ける」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。