エンタメ

菅田将暉と二階堂ふみ「熱愛」の真相が、眩しすぎる青春そのものだった!

【この記事のキーワード】
【完成】菅田将暉と二階堂ふみ「熱愛」の真相、まさに眩しい青春だった!の画像1

『誰かと作った何かをきっかけに創ったモノを見ていた者が繕った何かはいつの日か愛するものが造った何かのようだった。』(ワニブックス)

 今月21日、菅田将暉のアニバーサリーブック『誰かと作った何かをきっかけに創ったモノを見ていた者が繕った何かはいつの日か愛するものが造った何かのようだった。』(ワニブックス)が発売された。同日に開いた発売イベントでは、前々から交際が噂され続けている二階堂ふみとの関係について「友だちとして仲良くして何が悪いって話なので」と、熱愛報道をあらためて否定していたが、アニバーサリーブックには二人のロング対談を収録しており、“熱愛報道”の真相がよくわかる。

 アニバーサリーブックでは、若くして芸能界にデビューした菅田と二階堂が「自分たちが過ごせなかった普通の高校生時代」をテーマに、制服姿で放課後のカラオケやプリクラ、学校の屋上でお菓子を食べるといった写真グラビアを展開。変顔や肩を組みながら熱唱する姿など仲睦まじい姿を見ることができる。本当にキラキラした高校生のようで眩しい。

 菅田将暉と二階堂ふみの出会いは映画『王様とボク』の撮影現場だったという。その際はいち共演者同士だったが、菅田は二階堂に対して「純粋に自分の好きなものを身に着けていて素敵」という印象を持ったそうだ。

 三年後、ドラマ『問題のあるレストラン』(フジテレビ系)で再び共演。お互いに“スカジャン”にはまっていることなどで意気投合し、複数の仲間と一緒に音楽や洋服を作るなどクリエイティブな遊びをプライベートでするようになったという。菅田の家に集まって延々と刺繍をしたり、二階堂が週刊誌グラビアで着る衣装を制作したり、本人たちも口にしているがまさしく青春。ちなみに菅田は二階堂以外に女友達はいないが、二階堂は男友達が多いという。

 しかし2015年、バンドOKAMOTO’Sのオカモトレイジを加えた3人でギターを弾きながら路上ライブをしていたところを、「週刊文春」(文藝春秋)に激写された。この件に関して二階堂は以下のように述べている。

<仲良くなりたての時に、なんかもう“凄い仲がいい”みたいな記事で(苦笑)>
<でも、今思えば、あれが一番愛のある写真だったような気がします>

 二階堂がそう言うのも無理はない。「週刊文春」の記事では二人は“友達”とされていたが、それ以降の週刊誌報道で二人は“恋人”になっていたのだ。そのひとつが2016年、菅田と二階堂が太賀、門脇麦とダブルデートをしていたと「フライデー」(講談社)が報じたもの。だがもちろん、二人の関係は友達のままだったという。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。