連載

女子の就活をめぐる空気はこの10年で明らかに変わった 性的な思惑「かわす」から「拒絶」へ

【この記事のキーワード】

「私の友達もお嬢さんが就活の時に同じようなことあったらしいです。大企業の採用担当に個人的に声かけられて採用をチラつかせて、、、ってやつ。友達のお嬢さんも結局採用はされず。無視が一番っていうか、その会社に通報するのが本当はいいですけどね。逆恨みされるのも怖いし」

「私も同じような経験があります。小さなスーパーマーケットのパート募集に、自宅から近いため通勤しやすいという理由で応募しました。割と高い時給でした。すると、面接をした支店を取りまとめている課長のような立場の人が、『アナタにはもっと相応しい場所がある』と言われ、応募した店ではなくて別の場所を教えられました。別の勤務地だと通勤に不便なのでお断りしたところ、その面接をした人から、断るなんて私が偉そうだとか、身の程知らずだとか、嫌味をたっぷりと言われました。小さなスーパーマーケットのパートが身の程知らずの応募でしょうか?後から、そうではなく愛人募集をしていたのに、拒否をしたことが「身の程知らず」という意味だと気づきました。トピ主さんも気をつけてください」

「人事課長がそれでクビになってました。トピ主さんと同じ手口で呼び出しに応じた女の子がいて、何があったかの詳細は私は知りません。でもその女の子の親御さんが会社に来て応接室で何やら揉めてる感じでしたがその数日後、一身上の都合で人事課長が突然会社を辞めました。詳しい説明は社員にも公にはなかったですが、同じようなことを他の女性にもしていたらしく噂になってました」

 はぁ~。本当に嫌になる。トピ主のケースには「その手口は常習なのではないか」という指摘もあった。また、なぜ連絡先を教えたのか、というトピ主に対する批判も出ているのだがこんな意見も。

「連絡先を教えてしまったことを指摘している人がいるけれど、受験者が偉そうな社員らしき人に聞かれたらこたえてしまうと思いますよ。

「合否に関して何か連絡があるのかな?」「履歴書の記載だけでは不十分だったかな?もしや記入もれがあったのか?」などと思ってしまうのです。

後から考えると不自然なシチュエーションだったりするわけですが、その時はもう必死で普通じゃない精神状態だから言われるがままにしてしまいますよ」

 それもすごいわかる。あとから考えると変だが、その当時は就職活動モードというのか、妙な緊張状態が続いており、普段なら取らない態度に出てしまうことがあるのだ。

 さてさて、このトピにはトピ主レスがないのだが、過去にも類似トピがあった。

面接官が家の近くまで来てくれるというのですが。。

 トピ主(女性)は、先日ある会社の書類選考に通り、適性検査、面接を受けてきたという。筆記試験は手応えを感じられず、駄目だろうなと諦めていたところ「もう一度是非お会いしたい、お話を聞きたい事がある」と面接官から連絡があった。だが、トピ主が会社へ出向くのではなく、面接官が車で家の近くまで来てくれるというのである。

1 2 3 4

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。