もはやYouTuberは“個人事業主”ではない! YouTuber事務所の乱立と大問題

【この記事のキーワード】

「人気の芸能人ですらYouTuberに参入するほどですから、市場は間違いなく伸びていくと思いますね。ただしYouTubeの場合は、誰でも無限にコンテンツをアップできることが最大の特徴です。放送時間もチャンネル数も限られているテレビならば、そこで活躍できる席には限りがあるためタレントの人気や事務所の力も関係してきますが、自由投稿型のYouTubeコンテンツならいくらでも増やせます。つまり、YouTuberは相当な過当競争といえるのです。ですからYouTubeは広告収入などで潤っても、YouTuberひとり当たりの稼ぎはあまり増えません。

 そうなるとYouTuberを本業として生活ができる人はごくわずかで、副業的なYouTuberが増えるということが予想されます。また、先ほども言ったように、すでに知名度を持った芸能人も続々とYouTuberに参入しています。そうなると、ゼロからYouTuberで勝負する素人にとっては厳しいでしょう。

 これから先、YouTuberとして活動を始めても、供給過多でファンをつけるのは相当難しくなるでしょうし、YouTuberとしてそれなりの人気を得たとしてもそれだけで暮らしていけるかというと……厳しいのかもしれません。YouTuberという職種に、過度な期待は持たないほうがいいでしょう」(加谷氏)

 多くの子どもたちから憧れの眼差しで見つめられるYouTuber。しかし、熾烈な過当競争への発展がほぼ確実視されている中、決して「甘い業界」ではないことは肝に銘じておきたい。

(文・取材=後藤拓也[A4studio])

1 2 3

「もはやYouTuberは“個人事業主”ではない! YouTuber事務所の乱立と大問題」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。