蒼井優や松岡茉優が過剰なタバコ叩きの被害に…『いだてん』も喫煙シーンに批判

【この記事のキーワード】

NHKドラマ『いだてん』の喫煙シーンにもクレームが入る時代

 社会の嫌煙化が進む昨今、ドラマや映画などフィクションのなかでさえ、俳優の喫煙シーンにクレームがつく。今年のNHK大河ドラマ『いだてん~東京オリムピック噺(ばなし)~』は1910~1960年代という時代背景上、喫煙シーンが頻繁に登場する。これに公益社団法人「受動喫煙撲滅機構」が意義申し立てをした。

 機構が2月18日付でNHKに送付した書面によれば、「時代に逆行し受動喫煙被害の容認を助長する恐れのある貴局同作品の表現は看過するわけにはいきません」「わざわざ受動喫煙のシーンを、公共の放送、未成年者も視聴する番組において、放映するのはなぜでしょうか。こうしたことは、受動喫煙を世間に容認させることにもなります」と主張したうえで、
<一、『いだてん』において、受動喫煙のシーンは、今後絶対に出さないでください>
<二、『いだてん』で、受動喫煙場面が放映されたことについて、番組テロップなどで謝罪をしてください>
という申し入れを行ったとしている。

 その是非はともかくとして、このようにドラマ内での喫煙描写にも角が立つ時代において、女優のリアルな喫煙姿が非難されるのもある程度は仕方のないことなのかも知れない。

 とはいえ、車中の喫煙姿を「フライデー」された蒼井優は、未成年でもあるまいし、犯罪を犯していたわけでも、マナー違反でもない。いくら女優の仕事には“イメージ厳守”も含まれるからといって、ことさらにバッシングされるいわれはないはずだ。女優たちは過剰なタバコ叩きの被害者と言えるだろう。

1 2

「蒼井優や松岡茉優が過剰なタバコ叩きの被害に…『いだてん』も喫煙シーンに批判」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。