政治・社会

あなたはセクシストか、それともフェミニストか/『私たちにはことばが必要だ』訳者に訊く

【この記事のキーワード】

フェミニズムとは「物語」である

小山内:逆にフェミニストの定義って何ですかね?

石川:私も最近それに関してぐるぐる考えています。私が思うフェミニストは、「性別によって選択肢が狭まることがないと望む人」かな……男性がそれをしているなら女性もそれをしてもいいはずだし、女性がそれをしているなら男性もそれをしていいはず。選択肢の数は同じでなければいけないと私は思います。そうであること、そうであるようにしようとする人。私もフェミニストです。

すんみ:他人のことを自分の枠組みに押し込まない、ということですよね。

小山内:たぶん『私たちには〜』の著者イ・ミンギョンさんと同じで、性別によって片方が不利益を被るというバランスを整えたいだけなんですよね。フェミニストというといろんな人やいろんな思想をそれぞれが思い浮かべる現状がありますが、私は自分を、著者がいうところのフェミニストだと思っています。

フェミニストの私が、魔女になることを諦めた理由

人生唯一の後悔 私はフェミニストになったことを後悔したことは一度もありません。いつもフェミニストになって良かったと思っています。しかしながら、ど…

あなたはセクシストか、それともフェミニストか/『私たちにはことばが必要だ』訳者に訊くの画像1
あなたはセクシストか、それともフェミニストか/『私たちにはことばが必要だ』訳者に訊くの画像2 ウェジー 2018.04.10

すんみ:イ・ミンギョンにとってフェミニズムとは「物語」だそうです。誰かが紡ぎあげた物語は、違う誰かが生きるための足場になる。そして誰かが作った足場の上で生きた人が、自分の物語でまた新しい足場を作る。その足場がまだ誰かを助けるのです。だから自分の話をすることからフェミニズムが始まるんだと、イ・ミンギョンさんはいっていました。

小山内:柔らかいんだよね。

石川:この本を読み終わっていま思うのは、「自分の精神衛生を保つことが大切」ということ。人をいい負かすとかじゃなくて、自分がどれだけ心地よく生きられるのか、ということを一番の目的として書かれているのかなと感じました。だから私はすごく救われました。差別と戦うようになってから何が一番しんどいかって、自分との戦い。どれだけ自分を信じ切ってあげられるか、大切に思ってあげられるか。でもそれがすごくむずかしい。なので柔らかい方、という表現にすごく納得がいきます。

1 2 3 4 5 6

あなたにオススメ

「あなたはセクシストか、それともフェミニストか/『私たちにはことばが必要だ』訳者に訊く」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。