エンタメ

河野景子が「ストレスから錯乱状態、壁に頭をぶつける自傷行為を…」貴乃花との結婚生活振り返る

【この記事のキーワード】
河野景子が「ストレスから錯乱状態、壁に頭をぶつける自傷行為を…」貴乃花との結婚生活振り返るの画像1

河野景子公式Instagramより

 昨年10月に元貴乃花親方(以下、貴乃花)と離婚した元フジテレビアナウンサーの河野景子さんが2月23日、ブログを更新し、昨年の千秋楽の打ち上げのようすと見られる写真をアップした。そこには貴乃花をはじめ、弟子たちの楽しげな姿が写り込んでおり、景子さんは<みんな分かっていた。言葉に出さなくても理解していた。そして最後を噛み締めていた。きっとこれからの糧になるでしょう。もうすぐ番付発表。3月場所も心から応援してます>とのコメントを添えている。相撲部屋の女将を降りてからも、弟子たちのことを気にかけているというメッセージだろう。

 貴乃花との離婚後、さまざまなメディアがその内情を探っていたが、景子さんが3月5日に上梓したエッセイ『こころの真実 23年のすべて』(世界文化社)には、23年間にわたる結婚生活や、離婚に向かった経緯が本人の言葉で詳しく語られている。ストレスから錯乱状態に陥り、壁に頭をぶつける自傷行為を繰り返していた時期もあったというからショッキングだ。

ストレスから自傷行為を繰り返し、アナウンサー職に未練はあったが……

 1988年、河野景子さんはアナウンサーとしてフジテレビに入社。特派員としてパリ支局に駐在するなどし、子どもの頃からの夢だったというアナウンサー職で活躍していた。1994年にはフジテレビを退社してフリーアナウンサーに転身したが、この前後から交際していた8歳年下の貴乃花と1995年に授かり婚をし、仕事を辞めて家庭に入る。このとき貴乃花はすでに横綱であり、景子さんは国民的スターとの結婚生活を送ることになる。

 長男の優一氏が誕生した3年後の1998年には、貴乃花に洗脳騒動が持ち上がり、穏やかな結婚生活はにわかに騒々しくなる。貴乃花は、この頃から兄・若乃花との確執が表面化。景子さんも、週刊誌の記者やカメラマンにつきまとわれ、自宅ポストには連日のように嫌がらせの手紙が送りつけられたという。ストレスから錯乱状態に陥った景子さんは、壁に頭をぶつける自傷行為を繰り返していたという。

 こうした生活を続けるなかで、景子さんはバリキャリのアナウンサー時代を懐かしく思うことも多かったようだ。当時住んでいたマンションのキッチンの窓からは、新宿副都心のビル群が望めたという。たった数年前まで自分が働いていたフジテレビ本社(当時は新宿・河田町にあった)に思いを馳せ、<ものすごく遠い世界のよう><なにかうらめしくビル群を見ている自分がいる>と思いながら泣き、<「もう限界だな、ほんとにどこかへ逃げたいな」>と思ったこともあったという。

 それでも景子さんが結婚生活を続けたのは、日々稽古に励み土俵に上る貴乃花が勝利を積み重ねていくことに喜びを見出し、それをサポートしていくことが自分の夢になっていたからだという。景子さんは、<私の小さい頃からの夢に向かって生きてきた経験やアナウンサーのときの経験もある。だからこそ、今度は、家族のための夢に、私は自分の人生を賭けられたのではないか>と振り返っている。

1 2 3

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。