エンタメ

錦戸亮は「ジャニーズ追放」か、脱退理由に関ジャニ∞メンバー激怒

【この記事のキーワード】

錦戸亮

 錦戸亮が関ジャニ∞から脱退し、ジャニーズ事務所からも退所する意向だと、7日発売の「週刊文春」2019年3月14日号(文藝春秋)が報じた。関ジャニ∞ファンは悲壮感に包まれ、「亮ちゃん脱退で5人になるならもう解散でいい」「(渋谷すばると合わせて)真ん中二人が抜けたら事実上の解散」「関ジャニ∞はもう限界」といった叫びがネット上に響き渡っている。

 折しも「文春オンライン」が第一報をぶつけた3月6日は関ジャニ∞のニューシングル「crystal」の発売日。この曲は錦戸亮の主演連続ドラマ『トレース〜科捜研の男〜』(フジテレビ系)の主題歌だ。カップリング曲「月曜から御めかし」は錦戸亮が作詞を手がけている。そんな今、一体なぜこのような報道が出たのか、錦戸が解散を望んだというのが事実であればその理由は何なのか。

 関ジャニ∞からは昨年渋谷すばるが脱退し事務所を退所しているが、渋谷の抜けた後、関ジャニ∞メンバーは今後の方針について話し合いを重ねてきたという。その中で錦戸が主張したのが「グループ解散」だった。しかし残る5人のメンバーは「どのような形で存続するか」を前向きに考えており、錦戸一人が脱退することになったそうだ。

 横山裕と村上信五は錦戸の提案に激怒し、「もうアイツとはやってられへん」と吐き捨てたメンバーもいるという。ジャニーズ事務所も解散を認めず、事務所内で「一刻も早く錦戸を追放すべきだ」との声まで上がっているというから、もし錦戸が退所したとしても茨の道が待っていることは想像に難くない。夏までに結論が出るとみられているが、こうして事前に情報をすっぱ抜かれたことで、決断の時期が早まる可能性もある。

 一部のファンは、渋谷すばるが脱退を公式発表した際、彼を尊敬していた錦戸が「これからの関ジャニは僕が引っ張っていきます」と言ったはずだと嘆き、報道に疑問を呈している。関ジャニ∞は昨年7月から全国ツアーを展開したが、そのテーマは「REBORN」。新生関ジャニ∞として生まれ変わるという決意を示すステージングだった。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。