エンタメ

羽生結弦選手に人生を激変させられた人たちの凄まじいまでの幸福感

【この記事のキーワード】

 社会問題となっている通り、介護職はあまり給与の高い職種ではない。そこでメイさんはサバの缶詰めだけで飢えをしのいだり、施設で出るご飯の残飯をタッパーに詰めて家に持ち帰るなどしているという。支出のなかで最も削りやすいのは食費だからだ。

 しかしメイさんは、羽生選手の応援にかけるお金は<生命維持費>であり、決してなくすことはできないと宣言する。また、生で羽生選手が滑る姿を見ればそれだけで人生がハッピーになり、心も強くなり、肌ツヤも良くなってエステに通う必要もないし、羽生選手の応援にかけるお金は<実質タダみたいなもの>とまで宣言している。彼女もユミコさんに負けず劣らず狂い咲いている。

羽生結弦に導かれて「人生が変わった」ファンはたくさんいる

 素晴らしいのは、番組に出ている「羽生結弦に出会って人生が変わった人」の皆が、羽生選手の姿を見ることで人生を救われたり、新たな目標を見つけ出しているということだ。

 たとえば、メイさんは、心のなかにオルターエゴとしての羽生選手がいると語る。<仕事終わって帰ってきて、メイクも落としたくないな、お風呂も入りたくないなって思っていても、『羽生結弦ならお風呂に入る!』って>と証言していた。落ち込んだり怠けたりしそうなときは、心のなかの羽生選手が発破をかけてくれるのだ。

 また、マキさんは<世界の人に彼の素晴らしさを伝えるための英会話を習っているんですよ>と語っている。羽生選手を通して向学心が喚起されたということで、大変に結構なことである。

 こういった日常生活のちょっとした変化のみならず、羽生選手の存在によって、人生の苦境から救われたという人も多い。

 本稿冒頭に登場したヘルスコンサルタントのユミコさんは、羽生選手に出会う直前まで離婚問題を抱えていたという。

 夫との関係が悪化して離婚を切り出していたが、相手がなかなか認めてくれず、離婚を諦めかけていたそうだ。しかし、羽生選手の姿を見ているうちに、彼女は「勇気」と「固い決意」を得ることができた。

<常に全力、常に純度100%の羽生選手を日々見ていたら、私自身もピュアでいたいという思いが溢れ出てきて。『結婚生活を続けていたら私の人生がウソになる』という感じになって、(元夫も)『そこまで言うならわかった』ってなったんですよね>

1 2 3

あなたにオススメ

「羽生結弦選手に人生を激変させられた人たちの凄まじいまでの幸福感」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。