連載

ジャニーズ“ゴリ押し”だった中山優馬は今…ひっそりと芸能界引退した猛烈押されJr.も

【この記事のキーワード】

中山優馬も「僕は嫉妬される方だった」と自覚

 まぁ優馬くんを“ゴリ押しくん”と呼ぶのは申し訳ないけど、かつてはその色合いがあったのも事実だと思うのよね。『~ブンブブーン』の中で本人も「僕、最初の方からセンターに立たせてもらったりしてたんで、嫉妬される方だった」って言ってたし。いつも後輩にまで嫉妬していじり倒す横山裕くんにも「こいつはもう、すぐにマイク持ってセンター立つから嫌いやねんって、何年間もいじられてました」と言っていて、キンキ兄さんや斗真くんは大爆笑してたけど、そんなことをすっかり笑い話として披露出来るようになっていてホッとしちゃったわ。

 初めて優馬くんをインタビューした頃は子供だったこともあってまだあどけなくて、東京にも戸惑っていて。「関西人は面白いことを言わなあかんみたいに言われるのがちょっとしんどい」と言っていて、「あらヤダ、スーパーアイドルと言うよりは普通の子だわ」と思ったっけ。生真面目で確かにそんなに面白いコメントはなかったけど(笑)、ピュアで優しくて会うとみんな「優馬って素直ないい子だね」と言っていて。

 派手な優馬演出で悪目立ちしちゃった時期もあったし、ヘンなジェラシーも持たれたりして悩んでいたのかな?  口数が少なくなった時もあったんだけど、それがNYCとして山ちゃん&知念くんと一緒にニューヨークに行った頃から、明らかに変化していったのよね。

1 2 3 4 5

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。