連載

ジャニーズ“ゴリ押し”だった中山優馬は今…ひっそりと芸能界引退した猛烈押されJr.も

【この記事のキーワード】

知念侑李がライバル同士の潤滑剤に

 最初は傍から見ても「山ちゃんと優馬くんの関係はちょっとギクシャクしてる」感じだったの。トップ同士が同じグループになったわけだから、そりゃライバル意識も芽生えちゃっただろうしね。知念くんが間に入って「涼介、優馬と一緒にご飯に行こう」とか、「優馬、涼介が呼んでるよ」等と声をかけて何かと気を使っていたみたい。でも慣れないニューヨーク生活で「ホテルの部屋がオシャレ過ぎて。1人じゃ眠れない、寂しいよって思った。でも恥ずかしくてなかなか言い出せなかったんだ。だけどみんな同じ気持ちだったみたいでね。結果、ベッドを入れてもらって1つの部屋で3人で仲良く寝た」そうなの。

 ニューヨークの男子部屋で、夜中にピーチクパーチクおしゃべり三昧。今までのちょっとしたわだかまりなんてあっという間に無くなって「帰国した頃にはすっかり大親友」になっていたそう。よくよく話してみれば山ちゃんと優馬くんの「エンターテインメントに対する考え」も同じ方向性だったらしく「その上、趣味が一緒だったりね。お互い料理好きだったし」と意気投合。それに「意外と女子力が高いところも似てた」んですって。

 信頼出来る親友を得て心の鎧が取れた優馬くんは、それからどんどん明るくなって、元々の人懐っこさも取り戻して。「仕事もプライベートもマイペースに地道に進めていく」事を決めたそう。

 2012年には自ら決断した駒澤大学に入学して一人暮らしを始めた優馬くん。その時のインタビューで笑ったのは「引っ越したのはいいけど電気がつかなかったり、うまく水道が出なかったり。生活するって大変なんだなって思った。早く友達も呼びたいのに」と苦労していたことかな。アツは優馬くんの新居だから新築の高級マンションを思い描いていたんだけど「学生なんだから、そんなのに住めるわけないでしょ」と叱られちゃって「あら、まだ普通感覚なのね」と反省しちゃったもの。自炊は当たり前で、もちろん掃除や洗濯もして。しっかりと自分の足で歩み始めた感じがとても頼もしかったな。

1 2 3 4 5

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。