欅坂46長濱ねる異例のスピード卒業をなぜ運営は引き止められなかったか

【この記事のキーワード】

 前述した欅坂46の最新シングル『黒い羊』のMVでも、約5分30秒をほぼワンカットで撮影するカメラは、平手友梨奈の動きをトラッキングしているため、多くのメンバーは数秒しか映っていない。長濱ねるに至ってはほんの5秒程度しか映り込んでいないため、これが長濱の最後のMVであるとすれば、一抹の寂しさを感じてしまう。

 一方で、長濱ねるがきっかけとなり発足した「けやき坂46」は2月11日、「日向坂46」への改名を電撃発表。さらに3月27日には待望のデビューシングル『キュン』を発売し、センターは2期生でエースの小坂菜緒がつとめる。

 ファンの間では、「ねるがひらがなけやき(けやき坂)に残ってれば、絶対センターだったはずなのに」「ねると欅坂のカラーは合ってないし、そもそもなんで専任にさせたのか謎」「ねるもいなくなって、欅坂も日向坂に抜かされるかもね」というシビアな意見も上がっている。

 長濱ねるを失った欅坂46が今後、その舵取りをどのように変えていくのか、ファンの注目が集まっている。

(今いくわ)

1 2 3

「欅坂46長濱ねる異例のスピード卒業をなぜ運営は引き止められなかったか」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。