連載

ワクチンを子どもに打たせたくない人が身近にいたらどうすればいい?

【この記事のキーワード】

SpiYakou121c

副反応が起きた人にどう寄り添う?

 映画の件を簡単に補足しておくと、MMRワクチンとは〈おたふく(mumps)・麻疹(measles)・風疹(rubella)〉が入った混合ワクチンのこと(世界ではこのMMRワクチンが標準とされているそう)。映画では、このMMRワクチンを自閉症の原因になる! とディスり、単独ワクチンを推奨しています。

 公開中止のきっかけは、日本向けメッセージとして作成された動画(現在はこの動画は削除)。ワクチン接種を推す運動のパレード画像に「国民の反対でMMRは中止された」というような、真逆のキャプションをつけていたという話で、なんとお粗末(嘘松と言うべきか)。

 さて話は戻り、この市議とは、全国子宮頸がんワクチン被害者連絡会事務局長を務める人物です。同会とは、性行為で感染するヒトパピローマウイルス(HPV)への感染(正確にはがんに進展する型への感染)を防ぐHPVワクチンによって現れた体調不良を「ワクチンの副反応」ではないか? と問題視し、被害を認めてほしいという訴えている団体です。久住氏は被害者連絡会のあり方を問題視します。

「今日、子宮頸がんワクチンを打ってきました」“予防できるがん”としての子宮頸がんを考える/ジャーナリスト村中璃子さんインタビュー

 2018年6月14日、日本政府が、子宮頸(けい)がんを予防する「ヒトパピローマウイルスワクチン(子宮頸がんワクチン/以下、HPVワクチン)」の「積…

ウェジー 2018.07.18

久住氏「連絡会が一様に言うのは、デモをやるから集合しろとか、何々をするからカンパしろというような情報ばかりで、治療に向かうような情報が回ってこない。一方ポリオの会という活動をしている方は、ポリオになって困っている人へ向け、『いい車いすが出た』などの有用な情報を本にして定期的に配布している。それと比べると、同会は、誰のために役立っている活動なのかと思う」

 子宮頸がんワクチン問題は同会だけでなく、薬害オンブスパースン会議という民間の機関が海外からの報告を集め、シンポジウムを開催するなどの活動も行っています。それらの内容も含め、ナカイ氏は「調子が悪いと訴える当事者が置き去りになっている。誰も寄り添っていない」と言います。

ナカイ氏「『あなたたちはこんな被害を受けて本当にかわいそうだね』と言うのが、寄り添うことではない。『未来が閉じられてしまった』と周りが騒ぐことが、一番かわいそう」

1 2 3 4 5

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。