大倉忠義にも脱退報道! 関ジャニ∞の空中分解は避けられないのか

【この記事のキーワード】

 一方で大倉忠義は、2020年公開予定の映画『窮鼠はチーズの夢を見る』に主演することが報じられており、現在撮影中であることが報告されている。ジャニーズ事務所を早々に退所するとは考えにくいが、グループ活動から離脱して俳優業に専念するという可能性も考えられる。

横山裕「いつまでも続くもんじゃないな、と思います」

 ギクシャク内部事情が滲み出したものか、3月5日発売の「音楽と人」(音楽と人)2019年4月号ではメンバーから解散をほのめかすような発言が飛び出し、ファンの間で物議を醸していた。

 横山裕は、新曲「crystal」の歌詞にある<僕らは旅人>という歌詞についてインタビュアーに聞かれ、次のように述べた。

<でも旅なんて、いつまでも続くもんじゃないな、と思います。形あるものは終わるし、絶対なものなんてないんだな、って。そう思いたくないけど、思わざるを得ないことが多いです。考えたくなんかないですよ。楽しく仲間と続けていけるなら、そりゃみんなそうしていきたいでしょ。でも現実は、考えておかないといけないことなんですよね>

 さらに村上信五からは、メンバーがバラバラの道を歩むことを示唆するような発言が飛び出ている。

<僕らも、ずっと肩組んで歩いてたらきつ過ぎるわ!って時もありますから。多少遅れたり、先に行くのはいいんですよ。もう今は、それぞれの得意技で、ひとりで立てるんですから。前はメンバーが手の届く範囲におらんとダメやったけど。でも、誰がどんな選択をしたって、俺らはずっと7人ですから>

 村上や横山の意味深な発言は、グループの行く末を暗示しているのだろうか。

1 2 3 4

「大倉忠義にも脱退報道! 関ジャニ∞の空中分解は避けられないのか」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。