エンタメ

菅田将暉が『3年A組』で届けた長い長いメッセージ「これが俺が立てこもった最大の理由だよ」

【この記事のキーワード】
菅田将暉が『3年A組』で届けた長い長いメッセージ「これが俺が立てこもった最大の理由だよ」の画像1

『3年A組 ―今から皆さんは、人質です―』公式サイトより

 菅田将暉主演ドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)の最終回が3月10日に放送された。視聴率は15.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と、大幅に上昇。今期もっとも注目されたドラマだと言っても過言でないだろう。

 最終回では校舎の屋上で、菅田将暉がカメラ目線で演説。『3年A組―今から皆さんは、人質です―』は視聴者である我々に、明確にメッセージを送ろうとするドラマだった。ではそのメッセージとは何だったか。以下、ネタバレになるが紐解きたい。

徐々に成長していく生徒たち

 卒業式を10日後に控えた私立魁皇高校3年A組で、担任の美術教師・柊一颯(菅田)が29人の生徒たちを人質に立てこもるところから始まったこのドラマは、展開が早く、状況は二転三転した。

 一颯は当初、生徒たちに、学校のヒロイン的存在だった女生徒・景山澪奈(上白石萌歌)が亡くなった“理由”を導き出し答えるよう指示。「不正解の場合誰か一人に死んでもらう」と脅していた。

 しかし実際は、不正解だったとしても一颯は生徒を殺さず、生徒たちは徐々に一颯に信頼を寄せ、成長していく。

“ネット上の反応”こそがこの作品の肝

 水泳部のエースで将来を渇望されていた澪奈は、フェイク動画が拡散したことによってドーピングの噂が出回り、誹謗中傷に苦しんでいた。3年A組の生徒たちの中にも、何らかの形でフェイク動画に関わっていた者が複数おり、そのひとつひとつが明るみになる度に、一颯は生徒たちに熱く語りかけた。

 中盤、澪奈や元恋人の文香(土村芳)を貶めるフェイク動画を作らせていた教師・武智大和(田辺誠一)の悪事が暴かれた。状況が変わるとネット上の反応も変わる。そのドラマ内での“ネット上の反応”こそがこの作品の肝だったのかもしれない。

 ある動画のみを根拠に、武智は澪奈殺しの犯人扱いされていたが、動画に映っているのが実は武智ではなく一颯だと判明するや否や、今度は一颯が殺人犯呼ばわりされるように。証拠もないのに、だ。だが、ネットユーザーを混乱させたその動画は、澪奈の死とは無関係な一颯が作ったフェイク動画だった。

 第9話で一颯は3年A組の生徒たちに、立てこもり事件を起こした「3つの理由」を説明していた。この時点では、一颯はネット上で澪奈殺しの犯人と目され、叩かれまくっている。生徒たちへの説明を終えた一颯は、人質となった刑事の郡司(椎名桔平)を連れて屋上へ出て、警察の銃弾に胸を撃たれる。

 だが実は防弾チョッキをつけており、一颯は生きていた。「明日の朝8時にSNS『マインドボイス』のライブ中継を使って、皆さんにすべての真相をお話します。もし邪魔をしたらこの校舎をすべて爆破します。真実がどこにあるのか、Let’s think!」と宣言する。この時点でもまだ、ネット上では一颯への罵詈雑言が凄まじい。

1 2 3 4

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。