エンタメ

NGT48「疑惑」メンバーに向かうSNSの誹謗中傷も「暴力」

【この記事のキーワード】

荻野由佳インスタグラムより

 アイドルグループ・NGT48の山口真帆がファンの男2人から暴行を受けるというショッキングな事件について、ネット上では今もあらゆる情報や憶測が飛び交っている。中でも、犯人グループとのつながりを噂される現役メンバーへの糾弾は止みそうにない。

 事件が発生したのは昨年12月だが、運営サイドの対応に不信感を抱いたと見られる山口自身が動画配信およびTwitterで事件を告発したのは今年1月8日のことだった。山口は暴行事件に他のメンバーが関与していたことをほのめかしていたが、運営会社である株式会社AKSは「違法な行為をしたメンバーはいないと考えている」との見解を示すのみで、詳細は明かされていない。

 当初、事件の公表を控えていたことや、山口の告発以降も動きが非常に遅かったこと、発表内容が二転三転したことなどから、運営サイドの危機管理体制の杜撰さや不誠実さが明るみになるばかりのこの事件。そしてもうひとつ問題なのは、ネット上では関与したメンバーを特定する動きが起き、バッシングが続いていることだ。

 数名のNGTメンバーが、NGT公演の常連である一部のファンと個人的な友人と仕手関係を持ち、寮であるマンションで密会、山口の帰宅時間や部屋番号などを男らに教えた……との“疑い”をかけられ、「週刊文春」(文藝春秋)などを通じて否定してもバッシングは継続している。根拠のひとつは、事件発生直後に山口が彼女らのTwitterフォローを外したこととされている。

 しかし確かな証拠がない状況で、彼女たちのInstagramやTwitterには誹謗中傷、罵詈雑言が集まっている。たとえば荻野由佳が単独でテレビバラエティに出演すれば、SNSアカウントに「暴行事件が解決もしてないのによくテレビに出られるね?」と非難のコメントやリプライがつく状況だ。

 また3月11日には、NGT48メンバーの山田野絵がTwitterで東日本大震災からの復興を願うツイートをすると、「売名行為」「偽善者」「山口真帆さんの笑顔は奪ったのにね」「風化させたらいけないのは、地震だけですか?」等々のリプライが殺到。ネット上の掲示板も山田に対する罵詈雑言が大量に書き込まれている。

 しかし何が真実かわからない中で、個人へ攻撃の刃を向けることは危険だ。おりしも、先日最終回が放送され大反響を呼んだドラマ『3年A組―今から皆さんは、人質です―』(日本テレビ系)では、ネットに書き込まれる悪意にまみれた言葉のナイフが、いかに人を傷つけるかを訴えていた。

1 2

「いいね!」「フォロー」をクリックすると、SNSのタイムラインで最新記事が確認できます。