がん細胞だけを破壊する「光免疫療法」の革命

【この記事のキーワード】

光免疫療法の仕組み

 光免疫療法が最初に注目されたのは、2012年にオバマ大統領(当時)が一般教書演説で画期的ながんの治療法として言及したときだといわれている。米国の偉大な研究として紹介したのだ。その最大の特徴は、正常な細胞には影響を与えず、がん細胞だけを破壊することにある。

 がん細胞の表面には突起物がある。そして、この突起物だけに結合する抗体がある。この抗体にIR700という色素を載せて静脈に注射すると、IR700で染色された抗体が全身を巡り、がん細胞の突起を見つけて結合するのだ。このことで、がん細胞だけが染色された状態になる。

 ところがこのIR700は、近赤外線を浴びると化学反応起こす。近赤外線とは、テレビのリモコンで使われているような、人体にはまったく無害な光である。

 そこでこの近赤外線をがん細胞がある辺りに当てると、正常な人体はまったく反応しないが、IR700は化学反応を起こすため、がん細胞の細胞膜に傷をつけることができる。すると、細胞膜の傷から水が入り込み、がん細胞だけが破壊されてしまう。光を当てて1~2分程度でこの現象が起きる。

 ちなみにがん細胞の突起に結合しなかった余分なIR700は、1~2週間程度で体外に排出されるため無害だ。しかもこの光免疫療法には、おまけがついている。

 破壊されたがん細胞がまき散らした物質を近くの樹状細胞が認識すると、そのがん細胞を攻撃するT細胞が増殖して体中に散らばり、転移先のがん細胞を見つけて攻撃し始めるという。つまり、近赤外線を直接照射することができなかったがん細胞も追いかけて攻撃できるのである。このあたりのイメージについては、わかりやすい動画が用意されているので、そちらを参照いただきたい。

 動画はこちら。

それは偶然発見された

 光免疫療法の研究を行っている小林久隆氏は、この治療法を偶然発見したという。その偶然は、がんのイメージングの研究をしているときに起きた。がんのイメージングとは、がん細胞がどこにあるのかを画像で明らかにする技術だ。そのために、蛍光物質でがん細胞を染めて光らせようという研究を行っていた。

1 2 3

「がん細胞だけを破壊する「光免疫療法」の革命」のページです。などの最新ニュースは現代を思案するWezzy(ウェジー)で。